不倫(フリン)の悩み

「不倫-ふりん」関係で愛し合う二人の裏にある本当の心理

今回も不倫-ふりん」の話しです。


 心理セラピスト/カウンセラー
  長谷川 貴士
です。



前回は、「奥さんの居る男性」と
「関係を持ってしまう女性」が
持つ心理の裏側、

「不倫-ふりん」関係にならなければ
済まない衝動の、その本当の理由について、

書かせて頂きました。
(※前回のブログはこちら←クリック)


誰もが、好き好んで
「不倫-ふりん」関係に
なっているわけではありません。


そうだとしても、
「不倫-ふりん」関係は、
自分の選択であり、

その選択をした責任は
誰にとっても
免れようがありません。


しかし、

「不倫-ふりん」関係を選択した
本当の理由は、

決して、身勝手や、我が身の楽しみで、
という理由の方ばかりでも無い。

そのことが、心理セラピストとして、
私が、クライアント様との
セッションから、
これまで見てきたことです。


今回は前回の反対側というか、
相手方というか、

奥さんがいるのに、
他の女性と「不倫-ふりん」関係を
結んでしまう男性側の
心理の裏側
について、

心理セラピストとして、
クライアント様と向き合った、
実際のセッションからの
気付きを基に書かせて頂きます。


          ◇



『奥さんがいるのに、
他の女性と「不倫-ふりん」関係を
結んでしまう男性』



これを、その男性の奥さんや、
もしくは、浮気をされた彼女が、

そのことを見聞きするのなら、
その男性への評価は、一般的には、


ひどい、最低、最悪、、、、

決して良いものには
ならないでしょうね。


当然に不倫ふりんをした
その当事者達は、
その行為の責任を
引き受けなければなりません。


周囲の悪評を受け容れ、
落ちた信頼を
受取らなければなりません。


しかし、その不倫ふりんをした
その当事者達を罵倒したり、

評価を貶(おとし)
めたりすることでは、

そのような仕打ちを
受けた方々が救われ、
癒されることは無いでしょう。

信頼を寄せていたパートナーに
不倫ふりんをされた人たちは、

たとえ、表面上は怒りと
あきらめで一杯だとしても、

「なぜ、あの人は、
あんなことをしたのか?」

「私の何が悪かったのか。」



心のどこかでは、そのことに
悩まれることも少なくありません。


「男なんてそんなもの。」

「男はそんな(浮気、
不倫をするような)生き物。」


このようなお決まりの言い草を
言ってみたところで、

真に助けになることはないでしょう。


      ◇


また、奥さんがいるのに(も関わらず)、

自分(女性)に「不倫-ふりん」関係を
結ぶことを望んだその男性が、

私(女性)には、
「奥さんと別れる」と言ったのに、
半年経っても、一年経っても
別れてくれない、

のらり、くらりとしてしている。

その内に待つことや、
責めることに
疲れきってしまって、
私は身を引きました。

不誠実な人にだまされました。

ということも、
珍しいことではないのは周知の通り。


      ◇


このように、奥さんにとっても、
その不倫相手の女性にとっても、迷惑で、

不倫した男性当人も周囲から責められ、
白い目で見られるようなことをする。


その不倫する男性の、心理の裏にはには
一体何が起こっているのか?

という話です。


ただ純粋に、奥さんがいるのに、
運命の人と再び出会ってしまった。

ということもあるでしょう。


そうであったとしても、
どこにも不思議はありません。


出会い、つまり運命は
誰にとってもコントロールできません。


または、単なるスケベ心ということも
あるかも知れません。分かりませんが。

    
     ◇


そんな中で、心理セラピストとして、
つまりは、心、無意識の専門職として、

クライアント様とのセッションを
通して見てきたこと、気付いたことは、


不倫関係を結ぶ男性の、
その多くが持つ裏の心理は、破滅願望
です。


「私は、(私の家族の親密さからくる)
 この幸せを受取れません。
 この幸せに耐えられません。」


というものです。


自分自ら、最愛の家族、
最愛の奥さんから嫌われ、距離を置かれ、

ときに婚姻関係や、
温かな関係が壊れることを
無意識で強く望んでいるのです。


それは、奥さんのいる男性と、
不倫関係を結ぶ女性がときに持っている
裏の心理と同じく、

「自分が幸せになることを怖れ、壊そうとする」
 心理・衝動
が強烈に働いています。

(※このことは前回の記事に
 詳しく書かれています
 前回の記事はこちら
←クリック)


そのために、奥さんのいる男性と、
そうと知りながら不倫に関係を結ぶ女性


同じ思いを持つ仲間、

他の人とは分かり合えない苦しさを、分かち合い、

分かり合える特別な関係になり易いのです。


お互いに、

『幸せになりたいのに、
 それは自分には決して許されないことだ』


という共通した、根本の心理を抱えています。


そして、その時、

その二人には、言葉では言いようの無い
つながりが感じられるのです。


何だか分からないけれど、
お互い強烈に惹かれあってしまいます。

運命の出会い、そう感じられます。


    ◇



不倫関係を結ぶ男性が、

「自分が幸せになることを怖れ、壊そうとする」
 裏の心理を持つようになる原因としては、

例えば、

「祖父、叔父の戦死により、
 父や母の家族が心理的に
 不安定になります。

 そのことで、父や母が
 家族関係から得られる幸せが
 受取れなかった時、

 その子孫、子どもである
 自分だけが、
 円満な家庭を築いて、

 その家庭から得られる
 幸せを受取ることは、

 父・母や、また、祖父・祖母への
 裏切りになるような気がする。
 
(家族の中で自分だけがまっとうに
 幸せになるわけにはいかない。)  」


このような心理がクライアント様の
無意識にあることを度々見て来ました。

なんだか、先祖の戦死と、
子孫の不倫関係に関連がある、
というこの主張は

唐突なように感じられる
かも知れませんが、

現実はそうなっています。

まさに、
「(現実は)小説より奇なり」です。


この他にも、家族、ルーツの中で、
家庭に強烈な不安定が
生まれるような出来事あると、

その子孫が、家庭から得られる
幸せを受取ることに、

家族、ルーツへの裏切りを無意識に感じて、

幸せを受取れない、
壊そうとする衝動・心理が
自動再生で働いていることが、

セラピーの現場(臨床)では
度々見られます。

幸せを受取れないと感じる方々が、

自分の円満な家庭を、
不倫ふりんを含めた
様々な方法で壊そうとしてきたことを
度々見て来ました。


      ◇


また、不倫関係を結んでしまう、
幸せを受取れない以外の
裏の心理としては、

親や祖父母の復讐の代理
務めていることもあります。



例えば、

「いつも父親が母親に責められ、
 不当につらい立場に立たされていた。
(そのように思えていた)。」


「祖母が祖父に叩かれたり、
 ひどい目にあわされたりしていた」



などの異性のパートナーから
不当につらい目に合わされた
家族の誰かの復讐を

その子どもが、自分の異性
のパートナーに
無意識の内に行うことは、
珍しいことではありません。


その復讐が、浮気や不倫と
言ったことで、明確に行われます。



その時、そこに居るのは、
もはや、心理的には
その当人では無くなっています。


その当人自身の幸せ、
円満な家庭を犠牲にしても、

家族の誰かの復讐を
成し遂げようとしています。


そのような、家族、ルーツへの
無償の愛を持つ子どもの姿が
そこにはあります。


つまり、
家族や、祖先への愛から、

その子孫、子どもが、
自分のパートナーに対して、

浮気したり、
不倫したりするようになります。



その時、自らのルーツや、
家族関係から来る見えない圧力が、
全てを歪めてしまっています。



    ◇


初めて、このような情報に
触れる方は、このことが、
あまりにも突飛で

信じるに値しないような、
絵空事、妄言のように
思われるかも知れません。


ですが、心理の世界では、
この家族やルーツからの関係性が、

その子ども、子孫の心理に
色濃く影響を与える、ということが、

この20年ぐらいの最先端?
の考えとして、
世界中で認知され、実証され、
受け容れられつつあることです。


それは、その考え、
つまり、心理は、

ルーツからの影響を
強く受けるという
目線、観点で、
クライアント様と向き合う時、

そのクライアント様の悩みの
より根本的な原因が判明して、

より深い癒しが起きることを、

世界中のセラピストと、
クライアント様が経験されている。

それが、この20年間の世界の
現実としてある、ということです。


     ◇


心理セラピストとしての
私(長谷川貴士)と、
私のクライアント様についても、
まさに、疑いようもなく、そうです。

そのような現実を基に
このブログを書かせて頂いています。

このブログを読まれた方で、
パートナーに浮気、不倫された
経験がある方があれば、


「なぜ、あの人は、
あんなことをしたのか?」

「私の何が悪かったのか。」

この答えの無い苦しい問いから、
少しでも離れることができる
可能性を感じて頂ければ
うれしく思います。


また、不倫関係を止めたいのに、
不倫への衝動を
どうしても断ちきれない方へも、

その衝動から離れることに
ご協力させて頂いています。


不倫ふりんのような、
自分も周囲も幸せから
遠ざける行動の、根本原因である、
その心理の裏側を明らかにして、

そこから離れることを
手助けするのが、
ビリーフチェンジセラピーです。

あなたの悩みの根本解決に
ご協力させて頂きます。


ビリーフチェンジセラピー
のご用命は下記よりどうぞ。

《 私のプロフィール的な記事は
 こちらから↓》
「10年前のボロボロの私から
『今』の私への変化とその理由」


=====================================

b0207632_17543440.jpg

 京都府丹波高地古民家宿

【宿泊滞在型セラピールーム

  すずなり京都


ビリーフチェンジセラピー

ホ・オポノポノなどで、

皆様の様々なお悩みの解決に

ご協力させて頂いています。

のんびり宿泊しながら

自分の人生の課題やテーマと

向きってみませんか?


ビリーフチェンジセラピー

 付き宿泊プラン↓↓↓


※大阪・東京・京都市などの

 出張セラピーのスケジュールは

こちらのページから<すずなりHP>
 ↑クリックどうぞ。


◎ クイック人生を変えること

 を望んでいらっしゃる方に

 おすすめのプラン↓↓

ビリーフチェンジ宿泊

特別集中コース 

(2泊3日~)↑クリック☆


◎ じっくり、自分の人生の

課題に時間をかけて取組まれたい方

おすすめのプラン↓↓

ビリーフチェンジセラピーだけでなく、

一生涯使えるセルフケアとしての

ホ・オポノポノ マクロビオティック 

心理的な人生の読み方手に入るプランです。

クリーニングプログラム 

(3泊4日)↑クリック☆


ビリーフチェンジセラピー

 まずは、試してみたい方に

 おすすめのプラン↓↓

ビリーフチェンジ宿泊

(1泊2日~)↑クリック☆

ビリーフチェンジセラピー

 日帰りプランクリック☆


ビリーフチェンジセラピー
ご利用頂いた皆様の声 

≪ 感 想 紹介 ≫←クリック☆

60 様以上の感想をお読み頂けます。

 ☆ ホームへ
(心理セラピスト・長谷川貴士の
 ブログトップページへ移動します。)


by ayabelife | 2014-11-21 19:30 | 不倫(フリン)の悩み

ビリーフチェンジセラピーを利用すると、交際相手のいない状態から結婚に届き、引きこもりが治り、うつ病による1年以上の休職から復職し、10kg以上のダイエットに成功し、自分にピッタリの仕事(起業含む)に踏み出して、自分がもともと持つ本来の幸せを手にします。


by 心理セラピスト・長谷川貴士 @【京都・大阪・東京】