ビリーフチェンジセラピー

誰かを助けたい人・こだわりが強い人は死の影に追われている2/2

「完璧さ」パーフェクト
(PERFECT)


には2種類あります。

私たちを苦しめる
「完璧さ」と、

私たちを楽しくさせる
「完璧さ」です。


心理セラピスト/カウンセラー
 長谷川 貴士です。


この二つが明確でないと、
人生はぐちゃぐちゃで、

何か素晴らしさを目指して、
良いことをしているはずなのに、

どんどん追い込まれ、

忙しくさにキュウキュウとして、
いつも疲れていて、

美しさや、
穏やかさなどの

良いものを感じる余裕が
失われます。


日々「完璧」で順調で
スムーズなのに、

何一つ幸せでも、
楽しくもない。

むしろ、不毛。


何事も「完璧」に
やりこなすことができる、

自分の有能さ、と

そこから得られる
他人の評価、

お金、実績だけが、
誇りで支え。


けど、ふとした時に、
落ち着いた時に、

「(私の)人生って
 なんなのかなぁ。」


つい、考えてしまう。

だけど、それ以上は
考えない。

それは、

その質問の先にあるのは、

「・・・生きている意味って
 なんなのかなぁ?」

で、

さらに、その先の答えまで
すでに知っているからです。


「・・・私が生きている
 意味なんてないなぁ。」

そして、

「誰かや、他人や、社会、
 困っている人の役に立つこと
 こそ(だけ)が、

 私の人生の意味だ。
(これしかないんだ!)」


こう結論づいて、

そして、

誰かの役に立つために、

他人の期待、評価に、

意識的に、

または、
無意識的(=ビリーフ)に

「完璧に」応えるために、

他人目線の
「完璧さ」を目指し続けます。

それは、自分の心地よさや、

自分の中にある
「もう十分」の感覚とは

全く別なもので、

いつでも
私たちを苦しめるのに
十分なものです。


この他人を助け続けることを
必要とする動き
=「ヘルパー症候群」と、

他人基準の「完璧さ」
求め続ける動きは、

隠れた死へと向かう衝動を
抱えている人の

死なないための
(せめてもの、いや、精一杯の)
工夫です。

生き延びるための
(サヴァイヴル survivalの)
手段です。


      □


もし、このような傾向が
自分にあることに
気付いて居るならば、

それは「解決」できます。

私は、できました。

30回程の心理セラピーの
セッションの経験で、

何度も、自分の中の

死へと向かう衝動と
直面し、向き合い、

「解決」のチャンスを
得て来ました。


そして、「今」は

私が誰かを助ける
必要はないし、

そもそも、

助けを望んでいない誰かを

助けることが出来る人は
どこにも居ない。


このことに今は
気が付いています。

そして、

人生に、人間に
「完璧」はない。


「完璧」とは、
神様の視点に立った時にだけ、

いつでも欠かさずある。


このことにも
今は気が付いています。

これが、2つ目の
「完璧さ」
です。


いつでも目の前に
現れ続ける、

出来事や、
誰かを、

そのままで、
ありのままで、

「完璧」と見て、

「ジャッジ」
(評価・判断
・優劣を付ける・裁くこと)
しないならば、


すぐに、「完璧さ」を
手に入れることが
出来ます。


これは、ビリーフ
(=信念、
=これが正しいと
 私は決め込んでいる)

があるならば、
とても難しいことです。


ビリーフ(=信念)は、
「ジャッジ」そのものだからです。

このビリーフ(信念)が
基準となり、

ジャッジ
(良い・悪いの判断)が
産まれ、

自分(だけ)の「良さ」を
望み・期待して、
こだわると、

「完璧さ」
を求める気持ちに
辿り着きます。


このビリーフ(信念)から
始まる「完璧さ」から離れ、

それを得ようと「闘う」
ことから離れるならば、

私達の心は
平和・円満になります。

こだわりや、
闘いが無い状態としての

自由を得て、

心からの笑顔を
取り戻します。


この時に得られる

「完璧さ」パーフェクト
(PERFECT)こそ、

私達の「命」の「完璧さ」
そのものです。


「命」の「本質」は
いつでも、

ありのままで、
「完璧」で
「平和・円満」で
「自由」です。


  □


①不完全な現実に
「完璧さ」を作ろうとする

自分に難しい顔を
させるための工夫としての
「完璧さ」




②自分の「命」や「人生」が
ありのままでも、
いつでも持っている「完璧さ」
(神様の視点での「完璧さ」)

と、

この2つの「完璧さ」に
気が付くならば、

どちらの「完璧さ」に
近づいて行くのか

いつでも、
自分で選ぶことができます。


誰かを助けようとして、
摩擦やストレスを負う
ことを続ける必要もありません。

それも、いつでも
自分で選ぶことができます。


このことに気が付いた

私には、

日々に余裕と笑顔が
戻りつつあります。


のんきさを
経験し始めています。


それでいて、
今のところ

なんの不都合も
起きていません。


むしろ、楽しさが
増えて、前より
生きている感じがします。


もし、あなたが、

「ヘルパー症候群」や

いつでも「完璧さ」を
求め続ける

窮屈さや、
摩擦・トラブルから

逃れ出て、

広々とした明るい草原に
立っているみたいな気分を
必要としているのなら、

ビリーフチェンジセラピーで
継続的に協力させて頂きます。

ぜひ、お越しください!

私のビリーフチェンジセラピーの
ご用命は下記よりお願いします。

※次回更新ブログからドイツ遊学の
レポートを続けて更新していきます。
すでに現地からFBに投稿したものと
重複します。明日から2週間ぐらい
続きます。どうぞお楽しみに!

=====================================

□□□ 【 出 張 】ビリーフチェンジセラピー □□□


◆ 【 新大 阪 】オープンカウンセリング


【 11月 20 日 (日)2016年
<受ける方> 4名 募集中!
< 見る方 >
12名 募集中!
□ 詳細はこちらから←クリック

□ □ □  □ □

◆ 【 大 阪 】ビリーフチェンジセラピー ◆

【 11月 】 2016年 ※ 個人カウンセリング
18日(金)19日(土)21日(月)

会場:< 新大阪駅 徒歩5分 > 
ココプラザ(大阪市立青少年センター)

□ 詳細はこちらから←クリック



□ 【 東 京 】ビリーフチェンジセラピー □ 

 【 10月 】 2016年

28日(金)・29日(土)・30日(日)・31(月)

会場:<JR浜松町駅 徒歩4分>

島しょ(島嶼)会館 会議室

□ 詳細はこちらから←クリック 


※ 神戸・京都市内、金沢など
  各地の出張も承り
ます。

 宿泊滞在型セラピールーム 

 すずなり京都HP<問合せ> 

  よりご相談ください。   


b0207632_11340740.jpg

京都・田舎の古民家宿にて

ビリーフチェンジセラピー

ホ・オポノポノなどで、

皆様の様々なお悩みの解決に

ご協力させて頂いています。

のんびり宿泊しながら

自分の人生の課題やテーマと

向きってみませんか?


【宿泊滞在型セラピールーム

 すずなり京都

ビリーフチェンジセラピー

 付き宿泊プラン↓↓↓


◎ クイックに人生を変えることを

  望んでいらっしゃる方に

  おすすめのプラン↓↓

ビリーフチェンジ断食宿泊

特別集中コース 

(2泊3日~)クリック☆


◎ じっくり、自分の人生の課題に

時間をかけて取組まれたい方に

おすすめのプラン↓↓

ビリーフチェンジセラピーだけでなく、

一生涯使えるセルフケアとしての

ホ・オポノポノ マクロビオティック 

心理的な人生の読み方が手に入るプランです。

クリーニングプログラム 

(3泊4日)クリック☆


◎ ビリーフチェンジセラピーを

 まずは、試してみたい方に

 おすすめのプラン↓↓

クリーニングプログラム・ミニ

(1泊2日)クリック☆

ビリーフチェンジセラピー

 日帰りプランクリック☆


ビリーフチェンジセラピー
ご利用頂いた皆様の声 
想 紹介 ≫←クリック☆

60 様以上の感想をお読み頂けます。

 ☆ ホームへ
(心理セラピスト・長谷川貴士の
 ブログトップページへ移動します。)


by ayabelife | 2016-10-23 19:30 | ビリーフチェンジセラピー

ビリーフチェンジセラピーを利用すると、交際相手のいない状態から結婚に届き、引きこもりが治り、うつ病による1年以上の休職から復職し、10kg以上のダイエットに成功し、自分にピッタリの仕事(起業含む)に踏み出して、自分がもともと持つ本来の幸せを手にします。


by 心理セラピスト・長谷川貴士 @【京都・大阪・東京】