観念の浄化

皆様、お久しぶりです。

酵素断食・浄化療法担当の長谷川郁です。

おかげ様で、浄化療法を正式にスタートさせてから、6ヶ月が経ちましたが、
スタートしてから徐々にお客様が増え、本日で50名の浄化療法のご利用がありました。
誠に有難うございます。

ここ3ヶ月は、お客様が途切れることなく、休みも取ってない状況ですが、
なぜか、そんなに疲れずにやらせてもらっています。

それは、やっぱりお客様の「スッキリ!」したお顔を見て、お見送りできるからだと思います。

「あ~、やってて良かった!」と、心から思える瞬間ですね。


お客様に、なぜ、そんなに喜んでいただけるのかというのが、段々わかってきたのですが、
現代人は
「お悩み解決」と
「感動する」
ことに興味がある(ニーズがある)のだということ。

浄化療法で、お悩みが解決されて(心と体の)、そして様々な気付きがあって感動して帰られます。


本日浄化療法をご利用いただき、チェックアウトされたE様ですが、

とってもチャーミングで、しっかりされた性格で、仕事が出来そうなキャリアウーマンタイプの方・・・という印象がありましたが、

はるばる遠方から来ていただいたので、何か叶えたいことがあって、いらっしゃったのだと思い、おたずねしてみました。

すると、見た目とは反対に、
とても自分に自信がなく、周りの意見を聞きすぎて、自分の考えが分からない・・・や、
結婚したいと思っているのに、縁がない・・・や、
仕事で出世しているけど、満足できない・・・

などのお悩みをお持ちで、いらしてくださいました。


浄化療法では、このようなお悩みを、どう解決するか、ですが、
まずは断食して、余分なアーマを排泄し、ドーシャバランスを整えます。

不安や心配があると、神経は「交感神経」が優位になり、体は緊張し、脳は疲労をします。
そんな状態では、体調も悪くなるし、ストレスで体に良くないものを食べてしまって、ますます意識が濁ったりもして、本当の自分の心の声なんてものは聞けません。

まずは、神経を緩めることをしていただきます。
神経を緩めるとは、とにかくボーっと過ごしていただき、頭を使わない。
沢山寝る。
瞑想をする。
断食で消化器系の疲れをとって、代謝を下げる。

これをするだけでも、自分の中の「自己治癒力」によって、ニュートラルな状態に戻れるのですが、
ただ、人間は、そのニュートラルな状態を、「良くない」と思って、すぐに緊張状態に戻ろうとすることがあります。

たとえば、
自己治癒力によって、ニュートラルになった時に、
「こんな生き方したいな~」とか、
「ゆっくり自分をもっと甘やかしてあげたいな~」とか、
自然とどうしたいのか、自分の中から答えが出てきますが、
人間には「観念」というものがあるので、つい、
「あ、ダメダメ。もっと頑張らなきゃ!」とか、
「こんな生き方したいって思っても、どうせ無理だから」と思ってしまったりするのです。

ので、自然発生的に湧き起こってきた「ハート」からの声を消してしまわない為に、
お客様には、自分がどんな観念を持って生きているのかを、調べてもらったり、
カウンセリングで導き出したりしています。

そして、私たちは良い悪い関係なく、観念どおりの人生を歩んでいます。

それに気付くことをしていただくのです。

それが「お悩み解決」なのですね。

人生は思い通りに行かない。
人生に翻弄されている。
なぜなら、自分の望んだことは、何一つ手に入らない(叶わない)から・・・と私は思っていました。

そうおっしゃるお客様もいらっしゃいましたが、
この観念(ビリーフ)のことをお話して、一緒にどんなビリーフを形成してしまっていたかを確認していくと、
自分の人生は、翻弄されているのではなく、自分で選択してきた、ということに気付くのですね(無意識に・・・ですけど)。

そして、自分の人生、変えられないと思っていたのが、
自分の観念を変えると、人生も変わる、ということが分かった時、「感動」されます。


今日のE様の例ですと、

とても自分に自信がなく、周りの意見を聞きすぎて、自分の考えが分からない・・・は、
ご両親との関係にありました。
記憶をたどっていただくと、お父様の存在が大きく、自分で考えるより、ご両親の顔色を見て、親が喜ぶことを基準に何かを選択したり、親の意見を尊重して、自分の考えや、意見を押し殺す癖がついていました。

その観念から自由になるには、
自分を尊重して、自分の感じた事を優先させてもいい、と決意することです。


結婚したいと思っているのに、縁がない・・・は、
ご自身もうすうす感じていらっしゃいましたが、ご縁はあっても、自分から男性に甘えられない、かわいくない女の子をやっていた、と。
本当は、カパ(水)体質で、とてもグラマーで、男性からしたら、魅力的なフェロモンを持っているのに、自分が男っぽく振舞うことで、男性を遠ざけてしまっていたのです。
その観念も、父親が男の子が欲しかったということを知って、意識して男っぽく振舞っていたことにあるような気がします。

その観念から自由になるには、
女性らしくあっていい。女として男性に守られていい。
結婚して男性にたよってもいい、と決意することです。


仕事で出世しているけど、満足できない・・・は、
小学生の時に、100点をテストでとって、とても嬉しかったE様でしたが、お父さんは「120点取らないとな~!」と、冗談を言ったそうです。
ほんまにこの話を聞いたときに私は怒りを抑えるのが大変でしたが・・・。
なぜ、「よくやったな~!、すごいな~!」って、ほめてやれないのでしょうか・・・。悲しい。
そのときのE様は、100点とっても、まだ認めてもらえないという、
やっても、やっても、満足できない感を、そのときに植えつけてしまったのですね。

その観念から自由になるには、
満足していい。自分をほめていい、と決意することです。


そうです。
そうやって、古い観念を捨てると決意し、決別し、新しい観念を植え付けることで、
今度は、その観念どおりの人生を経験します。


なんで、浄化療法に、このビリーフチェンジを入れているかというと、
この古い観念(古いビリーフ)が、アーユルヴェーダで言う、「メンタルアーマ」になります。
ほかの表現で言えば、「カルマ」になります。

「カルマは繰返す」とよく言いますが、
人生は、自分のカルマの輪を外して、自由になるための旅のような気がします。

カルマ=ストレスです。
古い観念(自分が歓迎しない観念)=ストレスですね。
ストレス=体の凝り・詰まり を作り出します。
ということは、
カルマ=体の凝り・詰まり
なのです。

浄化療法の醍醐味は、
断食やチベットマッサージkunyeによって、
体の中にある、凝りや詰まりを緩め、溶かし、排泄させると、古い観念(ストレス・カルマ)も同時に溶け出し、
自分の中から、新しい考え方、感じ方が「発露」します。

それを、こんどは、新しい観念(役立つビリーフ)として、自分に決意をしていくのです。


自分を大切にしていい。
もっと、自分を甘やかしてもいい。
自分を愛してもいい。
役に立たなくてもいい。
自分に自信を持っていい。


肉体の浄化がすすむと、こういう感覚が、内から湧き上がってきます。

どうして、こういう感覚が湧いてくるのでしょうか。

それは、私たちは、生きているだけで、無条件に宇宙に、神に愛されているからです。
理由無く、存在するだけで、受け入れられているからです。

これが真実です。

その真実に、浄化がすすむと、内側から、湧き出るように、気付きがやってきます。


「人の役に立っているひとは立派」とか、
「何かを成し遂げるのが人生だ」とか、
さも立派なことを本でも読んだし、そういうことをわざわざ言ってくれる人もいました。

では、逆を考えたらどうなんでしょう。
「人の役にたってない人は、価値が無い」とか、
「何かを成し遂げないと人生の意味が無い」とか、
・・・本当ですかね。

こういう、窮屈な観念を、さも、当り前の様に、小さい時から大人に聞かされたり、
スローガンで新聞や書籍で目にしたり、
じんわり私たちは洗脳されています。

それは、ずっと自分を駆り立て、休むことを悪とし、自分のためより、人のために行動させ、
自分の存在意義を、外側に見出させるような世の中になっているのではと思います。

でも、内から湧いてくる答えはこれです。



「ありのままでいい」
「ありのままのあなたで価値がある」

です。


これを、「自尊心」といいます。

自分を尊ぶ心。
生きているだけで価値がある。

そう、本当に中から湧き上がってきたら、自分は条件付けで愛されるのではなく、
ありのままで大きな存在に愛されているのであって、何かにならなくてもいいのです。

なにも駆り立てられることもないし、
もっと、ゆっくり生きて、自分の生命を楽しめばいいのです。



宇宙はでかいですよ。
懐が。



「ありのままでいい」
そのメッセージを親から幼少期にもらってない人は、生きるのが辛くなってきます。
何でなのかは、自分でも分からなかったりするのですね。幼少期のインプットなので。

浄化療法では、
肉体に溜まっているアーマ(心のアーマも、体のアーマも)を溶かして排泄し、
中から本当の声を聞けるように、カウンセリングで古いビリーフを取り去り、浄化し、さよならし、
人生に翻弄される自分ではなく、「自由」な心で、自分の人生をつくっていけるんだという確信を持って、かえっていただけることが出来ます。



あ、それには最低でも5日くらいの滞在をお願いします。

2泊や3泊では、限界があるので(^^;)。


あと、カウンセリングを希望の方は、その意思表示をお願いします(^^)。
[PR]
by ayabelife | 2012-10-29 14:30

心理カウンセラーのホ・オポノポノ研究ブログ


by 長谷川貴士(心理カウンセラー)