国が借金をして、将来の誰かのお金と仕事を奪って、 今の誰かに渡すのは、 強盗と変わらない。

 【 毎日新聞 朝刊 2012.11.13 】

  「特例公債 予算と一体処理」

 民主・自民・公明の3党は、赤字国債の発行を可能にする
特例公債法案を予算案と一体で処理する新たなルール作りに
着手した。

==============================

今、国は借金(=赤字国債の発行)をするのに

「特例公債法(=特別に例外として国に借金を許可する法律)」

を毎年新に成立させる必要がある。

それは、国が借金をするということは、

異常なことで、恥ずべきことだからだ。


国が借金をすると、借金をして得たお金を使う人と

借金を返すお金を払う人が違うことが起きる。


借金した人と返す人は同じであるのが
当然なことだから、


誰か、別の知らない人の借金を
返済する羽目になったら、

それは異常なことだ。


その異常なことが「赤字国債」、
すなわち、国が借金するということである。


国が借金することで、将来使われるはずだった
お金が前借されて、

将来あるべき仕事が先食いされて、

将来の社会で失業者が増えて、

なおかつ、借金を返すために、
「増税」されて、

経済は必ず冷え込んで、
貧しくなる。



「赤字国債」で水増しされた経済で、
恩恵を被って、豊かな暮らしを楽しんだ人と、

将来、借金を返済する為に、
生活苦になる人が別であるかも知れない。


それは、不道徳だろう。
不道徳とは、悪いと分かっていて、良心がとがめることを
あえてすることを言う。


それが、特別で例外であるはずの
「特例公債法を予算と一体処理すること」であり、

すなわち、「赤字国債(=借金)」を毎年の予算として、
当り前に使えるようにすることであり、

それは、後のことは、私たちは知らない、

将来困るのは、私ではなく、あなたなのだから。

という、無責任かつ不道徳な考え方の現れである。


そんな不道徳な「赤字国債」の発行が

1994年から2011年まで、ここ8年連続で
行われ、

今年、2012年も、まず間違いなく行われ、

2013年3月には、

国の借金は1000兆円を突破することが確実で、


将来は、その1,000兆円分貧しくなる。


毎年、働いている人、一人当たり100万円の増税が
20年間続くぐらい、貧しくなる。


それだけ、今の社会は使い込んでしまっている。
(一部はアメリカの国債を買うなどしていると見られている。
 それは、日本が借金をして、アメリカを助けている、
 または、アメリカに奉納しているという意味になる。)


世の中には、

国が病気の人や、老人や失業者の面倒を
みんな見るべきだ

という「大きな政府」 の考え方と


国は、警察、自衛隊、裁判所と最低限の福祉だけを
運営して、あとは民間がうまくやるのに任せるべきだ、

という「小さな政府」 の考え方がある。


「大きな政府」、今の日本は、政治家の人気取りのために、
どんどん福祉が充実していって、
借金まみれになって、将来を暗くしているし、

「小さな政府」は弱者切捨てと批判される。


しかし、結局は

「大きな政府」でも、「小さな政府」でなく、

「借金」して、将来のお金、仕事を奪わない

「道徳が備わっている政府」であることだけが

大切だと思います。


経営の神様とうたわれる、
パナソニックの創業者である、松下幸之助も、
b0207632_10492894.jpg

「福祉社会の理想はとても素晴らしいことだけれども、
 国力(国が集める税収)以上のことはするべきではない」

というように、正しく道徳的に主張されていました。


やはり、国が借金をして、

将来の誰かのお金と仕事を奪って、

今の誰かに、渡すと言うのは、

強盗と変わることがありません。


「身の丈で暮らす」、
「自分で稼いだ以上に使わない」ということ
以上に道徳的なことは
ないでしょう。

 
[PR]
by ayabelife | 2012-11-13 11:01 | セラピストのこぼれ話し

心理カウンセラー による ホ・オポノポノ の 実践&研究 ブログ


by 長谷川貴士(心理カウンセラー)