結婚したいんです・・・という相談

カウンセリングをしていて、相談されることが多い「恋愛」について。

「恋愛」というより、「結婚」ですかね。

30代後半~50代の女性に、

「この歳になっても、結婚できないんです」

というお悩み相談が多いです。


「なぜ?」を紐解いていくと、「女性として自信がない」とか「男性に信頼がない」といったことが原因だったりします。

「自分が不細工だから・・・」とか、「性格が悪いの・・・」とか、思っているかもしれませんが、
結婚に縁の無い人の原因は、容姿や性格ではないような気がします。

だって、容姿も、性格も、そんなのが好きな男性って、沢山いると思うのですね。

ぽっちゃりがコンプレックスでも、ぽっちゃりが好きな人はいてますし。

気が強いのが結婚できない理由と思ってても、気が強い女性が好きな男性っていますもん。


原因は、「本気で結婚する気がない、もしくは「結婚に対する良いイメージがない」や、「結婚に対する恐怖」があったりします。

もしくは、「結婚しない」と、潜在意識にインプットした幼少期があったか・・・です。

これ、またビリーフの話になりますが。


私の場合は、小学4年生頃に、「結婚はしない」・・・と、強くインプットした記憶がありますね。

両親がケンカばかりしていた時期でした。

親がケンカしている姿を見て、小さい私は深く傷付いた記憶があります。

そして、「結婚はしない」と決意してます。



ただ、私は、そのインプットを消したので、結婚できたのですが、

今、結婚したくても出来ない人は、ビリーフに「結婚は不幸の元」とか、「結婚しても幸せになれない」などのインプットはないですか??

私たちの人生は、3才~15才までに経験したことによって、様々なインプットをして、ビリーフ(観念)を形成しています。

そして、その後の人生は、その観念を確認するかのように、観念通りの人生を自分で叶え、観念を強化していくのです。

結婚について、ではないですが、恋愛について、サイコセラピストの棚田先生がこんなことをおっしゃってます。







こんにちは。

サイコセラピストの棚田克彦です。

http://www.tanada-katsuhiko.com/index.php?FrontPage










最近、

立て続けに

恋愛セラピー

を行なう機会がありました。










幸せな恋愛をする上で

一番大切なのが

『高い自己重要感』

です。










ここでいう自己重要感とは、

自分の人間としての価値を認め

「自分は人から愛されるのに値する人間だ」と感じ

自分を大切にする気持ちのことです。










自己重要感は

恋愛関係のみならず

ありとあらゆる人間関係や

人生のあらゆる側面に影響をおよぼします。










あなたが恋愛(結婚)をするとき、

どういう相手を(無意識に)選ぶかを決定するのは

あなたの自己重要感です。









子どもの頃に親から

大切に扱われなかった人の自己重要感は

低くなる傾向があります。










自己重要感の低い人は、

恋愛の対象として

自分に悪い影響を与える人を選びます。










「私は良い人と恋愛するだけの価値がない」

「私は人から愛されるのに値しない人間だ」

と心のどこかで感じているからです。










一方、

子どもの頃に親から大切に扱われた子どもは

高い自己重要感を身につけます。










高い自己重要感を持っている人は、

恋愛の対象として

自分に良い影響を与える人を選ぶことができます。










「私は良い人と良い恋愛をして、幸せになるのに値する人間だ」

と確信しているからです。










自己重要感を高めることで、

人生のあらゆる側面

とりわけ

恋愛の質を飛躍的に

向上させることができます。










低い自己重要感のままでは

最新のお化粧テクニックや

恋愛コミュニケーション術を身につけても

幸せな恋愛は遠のくばかりです。










もしあなたが恋愛で悩みや問題を

抱えているのなら、

まず一番最初にすべきことは

高い自己重要感を身につけて

「私は良い人と良い恋愛をして、幸せになるだけの価値のある人間だ」

という確信を持つことです。










自己重要感を高めることができれば

必ず良い人が見つかり、

幸せな恋愛をすることができるのです。









・・・どうでしょうか?

なかったですね~、自己重要感(^^;)。

自己重要感を持てるようになったのは、酵素断食をやりまくって、メンタルアーマ(心の毒)を浄化し、
自分を制限しているビリーフを捨てた時に、「自分は重要な存在なんだ」と、ようやく思えるようになりました。

そこからが、人生の分岐点でしたね。

毎日が幸せの連続の人生になりました。


自分が自分のことをどう思っているかって、とっても、とっても、大切なんですよ。


わかっちゃいるけどやめられない人。

断食しましょう(^^)♪


身体が変わると、考え方や感じ方まで、自然に変化しますよ。
[PR]
by ayabelife | 2012-11-14 23:05

心理カウンセラーのホ・オポノポノ研究ブログ


by 長谷川貴士(心理カウンセラー)