石田さんのセミナーに行ってきました(^^)よ!

12月14日、15日と、石田さんのセミナーに行ってきました。

場所は大阪。

新大阪は、20代に住んでいたところであり、職場も新大阪すぐのところで、とても懐かしい場所での開催でした。

14日のセミナーは、「こころのコリをほぐして、願望を実現する秘伝セミナー」というタイトルで、潜在意識が、どのように、願望を実現するのか、そして、願望が実現しない人は、なぜなのか・・・の心理学的な説明があり、
ここまでは、よく、本でも書かれているし、皆さんも、こういうことに興味がある方は、知ってることだと思います。

ようは、願望をイメージしたり、アファーメーションといって、何度も言葉に出して唱えたり、そいうことをすることによって、願望を、潜在意識にインプットすれば、願望が実現しますよ~・・・といった、こと。

これは、もう、聞き飽きた内容で、そして、効果がない人も多く、そんなに簡単に潜在意識にインプットできたら、世の中の人、みんな夢叶えてますよね。

そこから、もう一歩深く入っていって。

実は、願望を実現したいな~と思っている自分の中に、願望を実現させまいとしているもう一人の自分がいて。
これを、「メンタルブロック」ともいいますが、ようは、「こころのコリ」のことで、
この「こころのコリ」が出来た原因までさかのぼって、それを解放(処理)し、こころのコリが取れたところで、新しい観念(願望を実現できるという思い)を、インプットする・・・・という流れになります。


ここまでは、石田さんのブログにも書かれている内容なので、私が公開しても大丈夫だと思うのですが。
詳しく知りたい方は、こちらに載ってます。



この、メンタルブロック=ネガティブなビリーフ(固定観念)を、いかに解放(処理)していくか、これに尽きると思いました。
アファーメーションしても、宝の地図(願望を視覚化するために、紙に書いたり、イメージの写真を貼ったりする、願望実現のやり方)を作っても、何の効果も無かった・・・・と言う人、うちのクライアントさんでいました。

私も、宝の地図までは作ってませんが、今やっている吉水での浄化療法の思想は、10年前に出来上がっていて、かなり執着して、思っていましたが、実現したのが、今年の5月からでして、現実が動き出す前に、確かにビリーフチェンジ(こころのコリをとる)が、私の中で起こっていました。


イメージすることは誰にもできるし、願望を描くことも誰にもできますが、
それを邪魔するメンタルブロックを取り除かなくては、現実化されない・・・ということは、誰にでも出来るようで、できない。

なぜなら、そのメンタルブロックというのは、過去に形成された、自己否定的なビリーフだったりするので、そこと向き合うことを避ける人が多いから。

こころの闇を解放していく過程は、よっぽどこころの準備が出来ていなかったら、しんどいですよ、これほんと。

私の場合は、2週間くらい、情緒が不安定になって、不安定になりながら、仕事に行くのが本当にしんどかった。
その間も、「これを解放したら、楽になるから・・・とりあえず出るに任せて出してしまおう」と、客観的に自分を見ている自分に助けられて、なんとか乗り越えられましたが。

こんなこと言うと、ドン引きされるかもしれませんが、この間には、「お前なんて死んでしまえ」っていう、声が自分の中に響いて、その声と戦っていました。

なんで、そんな声が、自分の中から響いたのか。
ビリーフのことを勉強していって、その原因が分かりましたが、私のコアなビリーフとして「存在してはいけない」があったのです。
自分で自分が大嫌いで、自分なんて死んだほうがいい・・・って、過去に多分、インプットしているんですね。

この、コアなビリーフの根っこを抜く時に、そんな声と戦って、獲得したのが「自尊心」でした。

自分の生命がありがたい。
自分の生命を尊ぶこころ。
自分で自分を愛するこころ。

これは、誰かに求めるものではなく、自分で獲得するものであるということが、分かった瞬間、
この根っこの深いビリーフがなくなり、それから、願望があれよあれよと、叶うようになりました。

私のコアなビリーフ、「存在してはいけない」がある限り、存在してはいけない私が、願望を実現して、幸せになってはいけない・・・と、ブレーキを踏み続けていたのです。

「存在していい!自分が幸せな気持ちを感じる生き方をしていい!」

そう、本音の本音から、自分に「オッケー」を出せた時、
今まで苦しんでいたことは、「幻想」だったと、自分の頭の中で作り上げて、大きくして、がんじがらめになっていた「幻想」であったと、見抜けたのです。

本当に、意識一つで、人間は変わります。

ただ、こんなに人生にとって大切なことを、学校でも教えてくれないし、親も教えてくれないし、
自分で獲得するしかなかったのですが、
人生で苦しんでいる人に、少しでもしっていただけたらな~と思って、吉水で浄化療法をやっています。


15日のグループセッションでは、8人の参加者が集まり、全員に公開セッションをしてもらえるという内容でした。
人の人生が変わる瞬間を目にして、はたで見ている私も、セッションを受けている人の感情の放出に、同調して、涙、涙・・・でした。

トラウマが形成される瞬間・子供が自分の心にビリーフを刻む瞬間って、やっぱりあるんだな~と。

そのときに、解放されなかった、感情を、私たちは今も持ち歩いて生きているのです。

大人になった私たちには「もう手遅れ?」
・・・・ではないのです。

今、そのときに解放されなかった感情(=ストレス=カルマ)を解放してやれば、
そのカルマの輪が動き出すことはないのです。

石田さんのプロセラピストとしての、セッションの勧め方などは、勉強になりましたね。

カウンセリングはやっぱり「こころ」がないと、できないですね。

表には決して大げさに出したりしませんし、セラピストが泣いたりも、できませんが、
冷静に進めているその顔の奥には、「慈悲」の心がしっかり見えました。

それが、一番大切なんでしょうね。



また、人間の面白さや、心や意識の重要さを、感じた2日間でした(^^)♪
[PR]
by ayabelife | 2012-12-17 13:53

心理カウンセラーのホ・オポノポノ研究ブログ


by 長谷川貴士(心理カウンセラー)