「日月神示」・2

今回もウシトラノコンジンさんからのメッセージ、
「日月神示」の抜粋をご紹介します。
b0207632_1613471.jpg

            ( ↑ 解読前の「日月神示」。漢数字と記号で表されている。)

みなさんにとって、
タイムリーな(時機を得た)メッセージが
みつかれば幸いです。

***********************************

「神様は親、四角張らずに近寄って来て親しんで下されよ。」


「悪も神の御働きと申すもの。悪憎むこと悪ぢゃ。善にくむより尚悪い。」


「悪も元をただせば善であるぞ。その働きの御用が悪であるぞ。
 御苦労な御役であるから、悪憎むでないぞ。憎むと善でなくなるぞ。
 天地濁りて来るぞ。世界一つに成った時は憎むことまずサラリ捨てねばならんのぞ。
 この道理、肚の底からわかりて、ガッテン、ガッテンして下されよ。」


「何も彼も存在を許されているものは、それだけの用があるからぞ。
 近目で見るから、善ぢゃ悪ぢゃと騒ぎまわるのぞ。」


「囚われるなよ、囚われると悪となるぞ。 悪とは我善しのこと。」


「型にはめると動きないことになるぞ。型外せと申してあろが。」


「嫌なことが起こってくるのは、嫌なことが自分の中にあるからぢゃ。」


「そなたが世界にうつっているのぞ。世界見て己の心早う改心致されよ。」



「忙しい忙しいと申すのは外側にいる証拠であるぞ。気つけて早よう中心に
 飛び込めよ。真中結構。」



「各々(おのおの)の世界の人がその世界の神であるぞ。
 この世ではそなたたちが神であるぞ。」


「今が過去で、今が未来ぞ。時間にふみ迷うなよ。空間に心ふみ迷うでないぞ。」



「時間も空間も映像であって、情態が変わるのみのことであるぞ。」


「現界(現実物質界)では、時間に順を得たものでも、心の中では時間に関係なく、
 距離に関係なく、一所(ひとところ)へ並べられるであろうがな。
 心の世界で、時間、空間のない道理、これでよくわかるであろうがな。」


「生命栄えるものはみな喜びであるぞ。信仰とは、その喜びの中に融け入ることぞ。
 生も死も無くなるのざ。時間や空間を入れるから血通わなくなるのざぞ。」


「自分が自分に騙されんように心して下されよ。 善悪を決めて苦しんで御座るぞ。」


************************************

いかがだったでしょうか?

次回も、また、ご紹介させていただきます。
[PR]
by ayabelife | 2012-12-24 18:23 | セラピストのこぼれ話し

心理カウンセラー による ホ・オポノポノ の 実践&研究 ブログ


by 長谷川貴士(心理カウンセラー)