見つかるのを待っている存在

酵素断食・浄化療法にいらっしゃったお客様で、こんなお客様がいらっしゃいました。


・・・今の自分に満足せず、独立して仕事をし始めたら、満足するのではないかと思って、独立してみた。
でも、その仕事が好きではないことに気付いて、辞めた。
そして、手に職をつけたら満足するかもしれないと思って、技術を学びに行こうと、スクールに申し込んだ。
そのとき、はた、と思った。
前と同じで、結局は、やり始めたら、同じ様に、途中で不満が出て、辞めてしまうかもしれない。
そんな自分を変えたい。



というご相談でした。


人は、「満たされない自分」を、「何かになれたら満たされるかも知れない」と錯覚し、
資格を取ってみたり、彼氏を作ってみたり、結婚してみたり、お金を求めてみたり、車を買ってみたり・・・何か「得られれば」満たされる・・・と勘違いして、外に満足感を得られるものを探しに行きます。


この方の素晴らしいところは、自分で、同じパターンを繰返して、また、同じになるんじゃないかと気付いているところです。

そして、この「満たされない感」は、他に原因があるのではないかと、分かっているところが、もう、問題解決の入り口に来ているのです。


「誰かが私のことを愛してくれたら、私は満たされる」
「お給料があと10万円アップされたら、私は満たされる」
「あの人が、私を認めてくれたら、私は満たされる」
「あの子が持っている様に、私も○○を持てたら、私は満たされる」


・・・どれも、「今の私は満たされていない(不足だ)」というところが出発点です。


さて。


では、それが叶った時、満たされるのでしょうか??

一時は、満足して、自分が満たされた感覚になるかもしれません。
でも、また、根本が「不足」である人は、また、何かを追い求めるのです。

彼氏がいない時は、彼氏がいたら、今の人生よりも、もっと満たされた、楽しい人生を送れるかもしれないと考え、そして、彼氏が出来たら、結婚していく友人をうらやみ、プロポーズしてこない彼氏に不満を抱きます(笑)。そして、結婚できたら出来たで、満たされるかというと、今度は、子供がいないことに不満を抱きます。
子供ができたら出来たで、満足かと言うと、そうではなく、その子供が、自分の望むように成長してくれないと、不満を抱きます。

笑。

さて、どこまで行ったら、満足するのでしょう。

きりがなく、完璧というのもない。

ならば、あきらめて、今の、自分に、満足するとしよう・・・・と、気持ちを切り替えてみてはいかがでしょうか??






あたえてもらっている「命」の尊さを、見ず、
無いものばかりを見、
不満だ、不満だ・・・と宇宙に文句を言っているのが、私たちの「自我」です。

何かを追いかけさせる「自我」が静かになった時に、現れるのが「至福(サットヴァ)」です。


・・・あ!みつかった!!
ずっと、ここに、いたんだよ。
あなたとともに。
うまれてから、ずっと、死ぬまで、ずっと、いっしょにいたんだよ。





そのお客様のお悩み解決のアドヴァイスは・・・「何かにならなければ、自分は満たされない」という思い(妄想)を、捨てる・・・です。

それを捨てたら、何をしようが、何になろうが、どう生きようが、誰に何を言われようが、自分の尊厳は一切傷つきません。今の自分が素晴らしいと、思えないところが、不足感のスタートです。

何がいけないのですか?
命があって、素晴らしいではないですか?

誰かの役に立たないと、生きている価値がないのですか?




サットヴァは、ずっと、あなたとともに、います。
見つかるのを、ずっと待っています。
[PR]
by ayabelife | 2013-01-07 14:18

心理カウンセラーのホ・オポノポノ研究ブログ


by 長谷川貴士(心理カウンセラー)