人類みなメモリー Ho`o ponopono < ホ・オポノポノ > ・ 14

ホ・オポノポノには、メモリー(記憶、データ)という用語があります。

メモリーとは、

ウニヒピリ(潜在意識)が抱え、管理している
宇宙が生まれてから、今日までの全ての記憶、データのことです。

カルマ、執着、思い込み、決め付け、目標、理想、のことでもあります。



「メモリーをクリーニングしないとトラブルに巻き込まれる」

「メモリーがウニヒピリを縛り上げて苦しめている」

「メモリーがあなたを曇らせ光とつながれなくしている」


などなど、


「メモリー」ってなんだかワルっぽい。


そー思いませんか?


ぼくはそー思ってました。


メモリーこそ、問題の根本、クリーニングして消してしまわなければ
ならない邪魔者、みそっかす。

そんな印象がありました。


たしかに、メモリーには、そーいう一面もあるのですが、

ほんとうの本当は、

メモリーこそ、わたしの命。
メモリーこそ、わが人生なのです。


もし、メモリーがないとしたら、カラッポだとしたら、

わたしは、今、生きていません。
わたしは、生まれてきません。


それは、

わたしが生きているとは、

メモリーを見るため、聞くため、感じるため、
メモリーを体験するため、

そのメモリーをクリーニングするために、

今、ここにいる。

それ以外に理由はない。

そーホ・オポノポノでは考えるからです。



メモリーという宿題を片付ける、クリーニング(消去)する
ためだけに、

わたしは存在します。今、ここにいます。

他に理由はありません。



わたしが体験する、よろこび、くるしみ、おどろき、ふしぎ、

それ、すべて、メモリーです。


わたし(I)とは、

わたしの意識、潜在意識、超意識(霊性?)、神(秩序・宇宙)

に加え、わたしが出会うすべての存在、現象のことです。

そして、わたし(I)とは、本来、光です。

そーホ・オポノポノでは考えます。


しかし、光であれば、それは人間ではありません。

なんせ、光なのですから(笑)

太陽光や、月明かりに星灯り、ホタルの光、窓の雪

その光です。


今、ここにいるわたしは、人間であり、光ではありません。


それは、本来の姿ではない。

なら、なんだ・・・・?



そー、メモリーです。



今、ここに、人間として存在するわたしは、

メモリー以外のなにものでもありません。



ですから、生まれてから、死ぬまで、
人間である限り、

ずーーーーっとクリーニングするわけですね。



人間であるわたしは、それしか、することはないわけです。



さーそれでは、すっきりしたところで、
今日も、はりきってクリーニングしていきましょー!!(笑)


「 I Love you、 I Love you 、 I Love you 」


めでたし、めでたし☆★



=====================================


どうしようもないんだよ。わたしも、誰も、何かも、

それぞれが大昔から詰め込まれた記憶の再生によって、

突き動かされているんだ。

体験していることはウニヒピリが見せてくれたこと。

あなたを突き動かすことすべてが記憶の再生だよ。

Ihaleakala Hew Len , Ph.D.


****  書籍 「アロハ!」より  ***

=====================================

クリーニングプログラム ←クリックどうぞ
 
【 お知らせ 】
  2014年4月中旬開店予定
 宿泊滞在型のセラピールーム すずなり京都 のHP ←クリック



b0207632_11314482.jpg

          <空梅雨模様。今日は、夏のような空。宿の窓からの景色。>
[PR]
by ayabelife | 2013-06-12 19:30 | ホ・オポノポノ

心理カウンセラーのホ・オポノポノ研究ブログ


by 長谷川貴士(心理カウンセラー)