ぼくのメモリーは「心の掃除」です Ho`o ponopono < ホ・オポノポノ > ・ 16

長谷川 貴士です。

 ぼくは


 玄米菜食 (マクロビオティック) と、 


 ホ・オポノポノ と

 
 ビリーフチェンジセラピー が好きなわけで、



その三つを通して、人生を見て、感じて、生きています。


言うならば


ぼくは、


 玄米菜食 (マクロビオティック)という メモリー を生きています。

 ホ・オポノポノという メモリー を生きています。

 ビリーフチェンジセラピーという メモリー を生きています。


 ※ メモリー とは ホ・オポノポノ でいう 
   記憶の再生(=カルマみたいなもの) のこと です。



ですから、

この三つの考え方や、

その考え方に習って行動した時に出会う現実、事実が、

ぼくが生きているメモリーです。


そのメモリーを通して、世界を見ています。


 玄米菜食 (マクロビオティック)
 ホ・オポノポノ
 ビリーフチェンジセラピー


この三つに共通するのは、


 「潜在意識のクリーニング」


言いかえれば、


 「心の掃除」 です。


玄米菜食 (マクロビオティック)は、体、内臓、細胞の掃除を通じて、
「心の掃除」をすることを目的としています。


 ホ・オポノポノは、感情や、感覚、思いこみや、決め付けをクリーニングする、
 手放すことで、「心の掃除」をします。


ビリーフチェンジセラピーは、幼少期の思い込みを手放す、変えることで、
「心の掃除」をします。


 ぼくのメモリーは、「心の掃除」のようです。


お一人、お一人、メモリーは違うと思います。


政治家のメモリー、経営者のメモリー、億万長者のメモリー、
プロスポーツ選手のメモリー、会社員のメモリー、
主婦のメモリー、農家のメモリー、セラピストのメモリー 、、、、、


みな、それぞれのメモリーから世界を見て、
それぞれの発言や、行動をします。


 誰もが、メモリーを生きています。


もちろん、メモリーに善悪や、良し悪しはありません。


ただ、一つの基準は、



 今、その人の心が平和で自由かどうか?



ただ、それだけです。



 今、自分が、何であっても、どんな状態であっても、



クリーニングして、今、心が平和で、自由であるか、どうか?



 ただ、それだけなのです。



ですから、こんな風に変わりたい、なりたいと、

何か今の自分に行け加える必要はまるでありません。



今、もし、不快なことがあるとすれば、

それを止める、それをなくす、それを「掃除」することが

あるだけです。



「掃除」をして、平和で自由な心に帰ります。


しかし、


生きている限り、メモリーを見ます、感じます。



メモリーを生きる限り、よろこびも、カナシミも、不安も、怒りも

避けることはできません。



ですから、生涯、クリーニング、「心の掃除」を

するわけですね。


そして、



 わたしの心が、 今、平和で自由 を感じている



その状態を、感じられることが、


  シアワセ であり、人生の充実 だと、


ぼくは考えます。


この 「心の掃除」 が ぼくのメモリーです。



=========================================

クリーニングプログラム ←クリックどうぞ
 
【 お知らせ 】
  2014年4月中旬開店予定
 宿泊滞在型のセラピールーム すずなり京都 のHP ←クリック

[PR]
by ayabelife | 2013-08-05 19:30 | ホ・オポノポノ

心理カウンセラーのホ・オポノポノ研究ブログ


by 長谷川貴士(心理カウンセラー)