30年近い歯科治療。その後で初めて知ったびっくりなこと。


治療したての歯がジンジン痛みます。


 心理カウンセラー
 長谷川 貴士です。


治療して、いじった歯が、
治療後もしばらく痛む。


そんなは経験ないでしょうか?
わりとよくあることですよね。


痛み は何につけ嫌なものです。
それが四六時中、ずーっと続く時にはなおのこと。


ですから、わたしの場合、
歯科治療の時には、歯を抜いたり、
神経を取ってしまうことも多かったです。


ですが、

そこに落とし穴(?)があります。

まず、神経を取ってしまうと、
歯が死にます。

歯に命が通わなくなり、
どんどんもろくなり、やがて折れます。


わたしは、歯科治療を受け始めて、
30年近くたってから、このことを知りました。


色々と驚きました。 

歯が生きている??

神経を取ると歯が死ぬ??


それまでは、歯の神経を抜く治療は、
痛みとさよならできる、
希望の持てる明るい治療でした。


どんどん抜いて
もらっていたものです。

多くは、歯科医さんの勧めで、
ときにお願いして。


それが、歯を殺し、歯の使える寿命を
格段に縮めることとも知らずに。


知らなかったことと言え、
身体に安易に手を加えることの

結果を少しも考えなかったのは、
浅はかと言えば、浅はかでした。


しかし、歯が生きてるとはねぇ。

そりゃ、痛みを感じると言うことは、
生きてるんだろうけども、

固さからして、石とかの鉱物に
近い何かだと思っていました。

それに、生え替わるし。

指とか耳とかは身体の
他の部位は生え替わらないし。

そして、成長も、多分しないし。

自分のことって、
やっぱり少しも分かってないですね。

髪の毛や爪が
なぜ伸び続けるのかも知らない。

ただ、伸び過ぎるとうっとうしいから、
切り行ったり切ったりする。


歯が減ると、唾液が出る量も
減ってしまうようです。

入れ歯では代わりにならないようです。

唾液は若返り、アンチエイジング効果で
知られていますから、
沢山出た方が良いと思います。

その件について詳しく知りたい方は、
下記を参考にされてください。

b0207632_9585540.jpg


歯は臓器だった 村津和正 著
むらつ歯科クリニック


ですから、わたしの通っている平澤歯科では、
極力、歯の神経も、歯も抜きません。

自分の歯を長く保つことが、
全身の健康に大切だということを、
歯科からの視点で見て考えて、

熟知されているからです。

(全く、抜かないわけではありません。
もう、虫歯が進み過ぎて、
ボロボロの病んだ状態になっていて、
 
それが、逆に、全身に悪影響を
与えているような場合には、
一も、二も無く抜きます。)


なので、ときに歯が痛むこともあります。


ですが、気付いたことに、
歯が痛む何日か経過したあとには、

その歯の状態が
持ち直していることがあります。


それまでは、

その歯で噛むと痛い、
冷たいものが沁みるなどして、

腫れものに触るように扱いの
歯っだのが、


適切に治療してもらったあとに、

少し痛む期間があって、
ちょっと難儀はするのですが、

その後で持ち直すのです。

噛んでもさほど痛くない、
さほど沁みない。

だから、噛めるようになる。

冷たいものを気にせずに飲める。

ちょっとは痛む、しみる。
でも、さほどでもない。


痛みや、熱や、不調は、
いわゆる好転反応は、

身体の自己修復反応なのだなぁっ
と改めて分かります。


ただ、もはや、自己修復作用だけでは、
治すことが出来ない段階もあるのは、
もちろんのことです。

そのときには、外科処置が必要ですね。

歯であれば、削る、神経を抜く、
歯を根っこから抜き去る。


    □


平澤歯科に通わせて頂いて、

30年近く歯科治療に通ったあとで、
初めて知ったことがいくつもありました。

①歯を生きている身体の一部。
むやみに神経や、
歯そのものを抜いてはいけない。

②強い噛み圧や、
寝ているときの歯ぎしりが、
歯の表面を破壊して、虫歯の原因になる。

(わたしは、唾液や歯の質からして、
虫歯になりやすい
体質ではないようですが、
 
 この原因のために、
3、4歳のころから、

ずーーーーっと歯医者通いが
欠かせません。

されてるいる方も
多いと思いますが、

マウスピースがおすすめです。
私も愛用してます。)


③歯の中の詰めものの質や、
歯のかぶせ物の金属が溶けだして、
歯ぐきの色が悪くなる。
どす黒い感じに。

④鉄は身体に合わない。
 口の中に無い方が良い。
 金属アレルギーの人は特に。


    □


さて、歯が痛むわたしですが、
そんな時には、わが家では、
ヤングリビング社の精油
(アロマオイル?)を

患部の歯ぐきと歯の付け根あたりに
綿棒で塗ります。

※注意:ほとんどのアロマオイルは身体へ
 の直接塗布は禁止されています。
 ヤングリビング社のアロマオイルは、
 食品添加物の許可が取れているものがあり、
 それを使用しています。

塗るオイルは、ラベンダー、ペパーミントです。
効きます。即効性です。
痛みが感じられなくなる、やわらぐ。

患部で、治すために
血流を増やしているので、、

血管がどくどく脈打っている
のだけが感じられます。
b0207632_940118.jpg


もともとが、
ヤングリビング社のアロマオイルは、

創業者のゲイリー・ヤングが、
事故?(だったかな)で

重篤な症状で、痛くて、痛くて、
希望も何も失っていた時に、

アロマオイルの匂いで鎮痛されて、

希望と回復力を取り戻していった
原体験から始まっていますから、

まさに、鎮痛には卓効がありますね。

かゆみとか、やけど、虫さされなんかにも、
ラベンダーなんかは良いようです。


しかし、まぁ、ほんとうに
痛みがキツイく、
長期化している場合には、

痛みの神経に直接作用する
鎮痛薬を使われて、

痛みのストレスから
離れることも大切かと思います。

痛みがきえると、
ほっとして、希望が持てますからね。

ただ、慢性的な痛みには、
生活習慣、日常のストレスが
原因のこともありますから、

そちらの点検もされると
良いかも知れません。


もっと言うと、生活習慣や、
日常のストレスは、心の思い癖、
無意識からの強迫などで、
していることも多く見受けられるます。


なんとなく、そんな感じに
気付かれているようでしたら、

心理カウンセリングを
一度試されることをお勧めします。


例えば、歯痛、虫歯であれば、
甘いものの食べ過ぎなんてことも
原因と成り得るようですが、

甘いものの食べ過ぎる原因は、
ストレスからくる
過緊張を緩めるためだったりも
しますので。



心の思い癖、
無意識からのの強迫を解消して、
心も身体も無理のない生活に。


◇ ◇ ◇


ホ・オポノポノからの学びを活かした

心理カウンセリングを提供しています。

<心理カウンセラー・長谷川貴士HP>

http://poi.cleaning/

<メニュー>

・対面カウンセリング

・電話カウンセリング

・メールカウンセリングがあります。




[PR]
by ayabelife | 2014-05-18 19:30 | 歯科治療/平澤歯科

心理カウンセラー による ホ・オポノポノ の 実践&研究 ブログ


by 長谷川貴士(心理カウンセラー)