ビリーフが出来る理由。愛。

あなたがコントロールできない、原因不明の衝動や感情。

それを作り出す力、それを ビリーフ と呼んでいます。


 心理セラピスト・長谷川 貴士です。



 ビリーフ は万人にあり、それは、ときに性格や、個性、性分とも呼ばれます。


しかし、その性格や、個性、性分の中には、明確な原因があり、その原因から離れることで、


変えることができるものがあります。


 たとえば、自分自身を制限したり、傷付ける、否定したり、破壊しようとする、その衝動や性格は、


それは、生き物として生まれ持った生来のもでは無く、 ビリーフ が原因となっている可能性が大きい


衝動であり、性格です。



 それでは、あなたにネガティブな影響を及ぼす ビリーフ はどこから来たのでしょうか?



 ビリーフ は 生存の欲求 と 愛への希望 、そして、家族への子どもの無償の愛から 生まれます。



幼少期に、 家族から愛されないこと、 それは、子どもにとって、生存の危機 として感じられます。 


そのような状況では、、 子どもは生存のために、様々な要求を手放します。


それは、 子どもらしく、無邪気であることであったり、

自分は家族から大切にされるべき存在であるという思いだったりします。



そして、また、家族からの 愛 を取り戻すべく、



何かが出来る私にならなければいけない、

家族に愛される 誰かにならなければならない などの思いを固めます。




これが ビリーフ の起源です。




このような、生まれてからの、幼少期の体験から固められた思いが ビリーフとなります。




しかし、そればかりでなく、生まれる前に家族に起きた出来事、運命から

背負うことを宿命づけられた ビリーフ もあります。



家族の中で不幸な運命が課せられた者がいると、

自分も不幸であったり、幸せを諦めることで、その家族との連帯を保ち、救おうとするかもしれません。



それは、家族を救いたい、助けたいという、切実な、家族への子どもの無償の愛によってなされます。


このような ビリーフ の力は 無意識に働く、コントロール不能で強力な衝動です。

それは、ときに、不自然さとして意識されることもありますが、

多くの場合は、まったく気づかれることなく、ある人生のパターンを形作っていることがあります。


 ビリーフ とは、

人生の抜け出せないテーマの、奥深いところにある、根本の原因となるものです。




そのような ビリーフ を明らかにして、変える、解消することで、


自分一人では、抜け出すことのできない人生のテーマから離れる、生き方を変える、人生を変える。


その可能性に働き掛けるのが、ビリーフチェンジセラピーです。



 「自分は家族の一員でいい。ここで生きていてもいい。」


 
 「自分は幸せになっていい。人生を楽しんでいい。」



このような思いを深いところで取り戻す時、ビリーフは消失し、


家族から、運命から、ありのままに全てを受け取ることができるようになります。


そこには、愛や、幸せ、楽しさ、充実があります。


それがなされたとき、人はただ、感謝を感じます。 家族へ、 ルーツへ、 運命へ。



そして、そのとき、それで全てです。






ビリーフチェンジセラピーのご用命は下記より

============================================


□  【7月】 東 京 出張ビリーフチェンジセラピー 7月 5(土)、6日(日)(7日(月)) IN 寺子屋いろは様 ←クリックどうぞ


□ 宿泊滞在型セラピールーム すずなり の ビリーチェンジセラピープラン ↓↓↓

 □ すずなり ビリーフチェンジ宿泊 (2泊3日) ←クリックどうぞ

 □ ビリーフチェンジモニター宿泊 (1泊2日) ←クリックどうぞ

 □ ビリーフチェンジセラピー 日帰りプラン ←クリックどうぞ


□ 【ビリーフチェンジセラピー】・これまでのクライアント様の感想紹介 ←クリックどうぞ
[PR]
by ayabelife | 2014-06-15 19:30 | ビリーフチェンジセラピー

心理カウンセラー による ホ・オポノポノ の 実践&研究 ブログ


by 長谷川貴士(心理カウンセラー)