カフェで手にした本-アースダイバー。人の感覚にある秩序。

昨年まで住んでいた京都府綾部市のサンチャカフェにお邪魔しに行ってきました。(府道1号線沿いです。)
b0207632_21172973.jpg

見た目にも美しいオーガニックランチプレート。
b0207632_21173130.jpg

テンペの串揚げが美味しかったです。
b0207632_21173399.jpg

ロースイーツ(低温で調理したおやつ)のケーキも頂きました。
b0207632_21174011.jpg

さっぱりした仕上がりに、いくらでも食べれそうでした。
b0207632_21174287.jpg

おおきな窓に広がる田園風景も目に鮮やかでした。
b0207632_21164992.jpg

わがやの犬たちは、駐車場の木陰で待機でした。
b0207632_21174663.jpg


さて、本題ですが、このカフェの書棚で見つけた一冊を楽しく読みました。
b0207632_2211263.png


この著者の本は、12年前に、『緑の資本論』と言う本を買って読んでいて、
さっぱり意味が分からなくて、読んでいて何度も寝むたくなったことを覚えていました。

ちょうど、イスラム教vsキリスト教論が世の中で囁かれていた頃の、
時機を得た出版であったように記憶しています。


それはさておき、このアースダイバーの主論は、

人の中には、脳内地図があり、その影響を受ける。免れない。

と言うものです。


それは、古代から引き継き、受け継いだ来た、もはや本能とも呼べるようなものです。


例としては、

①神社などの聖地は、古代の岬のような海や水に面した突端にあることが多い。
 そこは、現代では地形が変わり、内陸地に見えるが、
 古代には、水に面した岬のような場所であったことが多いようです。

②商業が集中し発達するのは、砂州の上。
 古代からある固い大地の上で無く、川が運び埋め立てた、湾岸の砂州の上に商業が集中する。
 東京や、大阪、パリやロンドンなどがそうらしいです。

③権力者や、成功した人は、乾いた高台(山の手)に住む


など、人間は、内にある脳内地図からの衝動に突き動かれている部分があり、
それに反した行動は、どうもしっくりこない感じがして、うまくいかないことが多いようです。

思えば、全国的に古い歓楽街は、駅前でなく、川沿いだなぁと。
湿った感じがある地域は、商売がうまく行ってる感じもあります。

湿り気と、お金を使いたくなる情緒は重なっていないでもないのかなぁと思うのは、
湿気が好きな、東北日本海側生まれの私だからでしょうか?

風水で言っても、水はお金の流れと関係あるとか、無いとか。
ちょっと面白いですね。


そう言ったなかで、わが すずなり はどうかな?と。


まず、敷地のまん前が小川、裏は山、西は田んぼですし、まずは湿り気は十分ですね。
まずは、商売するにはちぐはぐな場所で無いような気がします。

そして、裏山は、行者の修行山で、瞑想するのに適している様な岩棚がいたるところにあります。
その辺りは、セラピールームという性格にマッチしているでしょうか?

大きくみれば、丹波高原という標高の高いところでもあるので、気も清浄かも知れません。

そんなこともあってか、近所に、たぶんインド発祥で、
世界中に寄付とボランティアで成り立つ瞑想道場施設を展開している、ヴィパッサナーの施設もあります。
(日本では、京都府京丹波町八田と、千葉にあります。)


あまり、アースダイバー的なくわしいことは分かりませんが、私たちが すずなり でやっていることと、

人の脳内地図の感覚にあまりズレはないような気がします。


そうであればこそ、初めて当館にいらっしゃったお客様も、到着直後に
おおむね好感をお持ちいただけているのかなぁと思います。


当館と言っても、普通の民家の古民家を改装しただけの施設ですので、
しかも、それほど徹底的に出来ているわけでも無く、隙だらけなだけに、


運営側としては、開店当初は来ていただいたお客様の到着直後の反応が心配でもありました。


しかし、およそ2か月ばかり営業してみて、それが杞憂であったことが、
お客様から頂く感想や、リアクションから実感としてよくわかりました。


そこに、われながら、うちは全く持って立派でも、豪華でもない施設だけど何でだろうという
不思議さもあったのですが、脳内地図説の応用でなんだか腑に落ちた次第です。


そして、さらに、その脳内地図の概念は、

わたしが普段仕事としてさせて頂いています、心理セラピーの現場(臨床)でしばしば現れ、観察される、
『心の中の家族配置図』 と同じような働きがあります。

心の中には、たとえ会ったことの無い家族であっても、

心の中の配置図にはしっかりその人の場所が確保されている、そのことがしばしば現れ観察されます。

そして、その家族の配置図のもつれや、混乱から、心にももつれや混乱が生みだされていることが

ほんとうによく見られます。

そのもつれや混乱を整理して、流れを正すのも、心理セラピーのお仕事です。


今回のカフェでこの読書で、

人の感覚には、地形や地理にせよ、心の中の家族の配置にせよ、何か 秩 序 があることが
見えてきたような気がしました。


そんなことに気が付いた日でした。




===========================================

あなたの脳内地図にもきっとマッチしています(笑)

 宿泊滞在セラピールーム すずなり HP ←クリックどうぞ
[PR]
by ayabelife | 2014-06-22 19:30 | 旅のこと・セラピストの休日

心理カウンセラー による ホ・オポノポノ の 実践&研究 ブログ


by 長谷川貴士(心理カウンセラー)