<思いが2世代前から、連鎖していることも知ることができました。>

ビリーフチェンジセラピーの感想を紹介します。

<富山県からお越し頂きました男性のクライアント様>

======================================

1泊2日 断食体験、ビリーフチェンジセラピー2セッション

(※ビリーフチェンジモニター宿泊プランをご利用頂きました。) 



 セラピーで4時間近くも私の心に向き合ってくださった長谷川さんに感謝です。

おかげさまで自分について理解が進み、今後どうしていけばよいか道が見えてきたように思います。



 虫の音、せせらぎの音が心を癒してくれます。わんちゃんたちも可愛かったです。

祖父母宅を思い出し、居住環境は自分には快適でした。今回は多くお話することができませんでしたが、奥様の郁さんにも感謝です。



セラピーでは、私をとりまく諸問題を共感的に聞いていただき、

その後自分の家族構成や生い立ちへと話が進みました。

そこで自分のビリーフと向き合うことができました。

自分には、「人より先んじて多く知識を得ていないと重要ではない」というビリーフがあり、

よくも悪くも自分を駆り立てていると思いました。

このビリーフは自分の長所を多くつくってくれましたが、

行き過ぎるとぎくしゃくした人間関係につながります。

周囲の状況は過去と変わっているので、そろそろこの、これまでは私の長所を作っていた

ビリーフも弱めていってよいのかなと思うようになりました。

「素の自分でも重要な存在」という思いを高め、自分と関わる人たちと

無条件の信頼のストローク(※関わり合い)を交わし合えるように

変化していきたいと思うようになってきました。



また、セラピーでは「あなたは好きなように生きてよい」という表向きの言葉の裏に

「教育は大事であるからこれを次世代につないでいきたい」というメッセージが

2世代前から、しっかりと連鎖していることも知ることができました。



私は教員になっています。レールをしかれるのを好まない性格なので、

一般的な教育者とは外れたユニークな道を歩むかもしれませんが、

祖先は皆心が広い人たちなので、そのような生き方も許してくれて

優しく応援してくれると思いました。そのことに気づくと心が楽になりました。



いすを使うチェアテクニック?(※エンプティチェアの手法を採用しています。)を

本格的に初めて体験しました。

自分の幼少期の家族間の心理的距離や位置関係がよくわかり、腑に落ちました。

他者のいすに座ると相手の立場で感情を得ることができました。

チェアテクニックは実際に体験しないとわからない世界であり、経験はおすすめです。

学校のカウンセリング的生徒指導で使うことができるかもしれないと思いました。



 この夏は、交流分析やビリーフチェンジの学びました。これら学びを通して・・・・・

「どのような状況にあろうとあなたのは大事な存在」という、

無条件のストローク(※関わり合い)のやり取りがとても大切であるという思いを

さらに強くしました。



無条件に子どもに愛情を注ぐためには、自分自身がもつビリーフや生い立ちを

知る必要があると思いました。なので若いみなさんにもビリーフチェンジの

世界を体験してもらいたく思います。



今回は貴重な体験をさせていただきありがとうございました。

また何か機会がありましたらよろしくお願いいたします。

======================================

イスを家族に見立てて、部屋の空間に配置してもらう、

エンプティチェアの手法を使うと、

けっしてこれまで気付くことの無かった、無意識の内の家族への思いを

明白に知ることが出来るようになります。

並べられたイスが、感情を、思いを引き出してくれます。



部屋の空間にイスを並べることで、

クライアント様の心模様を部屋に映し出すことが出来ます。

それは、今回のクライアント様のように、世代を遡った思いまで、

自分の心の中の深い所に、脈々と受け継がれていることを明白に教えてくれます。



そのことから、クライアント様は、力を得たり、安心を得たり、

不調や、不安の原因を見つけ出し、離れることが出来たり、と

それぞれのリアクション、行動を取ることが出来るようになり、

課題、悩み、人生のテーマの解決につながっていきます。



心の深いところにある、自分の真実だけが、

本当の解決を指し示してくれます。


「 私の心の中には何かある気がする。しかし、分からない。」


その様な方々にとって、エンプティチェアの手法を採用している

ビリーフチェンジセラピーは、とても効果的です。


これまでも、幼少期からこれまでのご経験に、ご自身の内観からはトラウマ的な何かが

何も見つけられなかったクライアント様の、心の深いところの真実を

数えきれないくらい明らかにさせて頂いてきました。

クライアント様も、セラピストの私も、言葉を失う瞬間を

沢山共有させてもらってきました。


そして、そこには、解決がありました。


クライアント様が、肩を上げ、大きく息を吐き出し、

クライアント様の心の深いところが息を吹き返すような解決がありました。


心の真実に触れたことで、心の奥底から突き上げる衝動で

涙が止められない、そのような浄化と解放を通しての解決がありました。


ビリーフチェンジセラピーは、自分の心の真実と向き合う、直面するセラピーです。

ご興味がある方は、ご用命は下記より。


===========================================


 【9月】 東 京 出張ビリーフチェンジセラピー 9月27(土),28(日),29日(月)←クリック


  
  
□ 宿泊滞在型セラピールーム すずなり の ビリーチェンジセラピープラン ↓↓↓

 □ すずなり ビリーフチェンジ断食宿泊 (2泊3日~) ←クリックどうぞ

 □ ビリーフチェンジモニター宿泊 (1泊2日) ←クリックどうぞ

 □ ビリーフチェンジセラピー 日帰りプラン ←クリックどうぞ


□ 【ビリーフチェンジセラピー】・これまでのクライアント様の感想紹介 ←クリックどうぞ
  (30名様以上の感想をお読みいただけます。)
[PR]
by ayabelife | 2014-08-29 19:30 | セラピーの感想紹介

心理カウンセラー による ホ・オポノポノ の 実践&研究 ブログ


by 長谷川貴士(心理カウンセラー)