<私はもう一度クリーニングするために生まれてきました> Ho`o ponopono < ホ・オポノポノ > ・28

『 私はもう一度クリーニングするために生まれてきました。 』

そう、ヒューレン博士は言います。(書籍 『アロハ』 後書きより)
b0207632_1956374.jpg



 心理セラピスト・長谷川 貴士です。


 さらに、以下のように続きます。

 『 私が今、行っていることも、出会う人も、見たり、聞いたりする情報も、
 
  過去の私が溜めこんできた記憶を、すべてクリーニングして

  手放すために現れてくれた神聖な存在です。
 
 
  そう気が付いたとき、問題はもはや問題ではなく、

  「わたし」という存在を取り戻すために、

  神さま(デヴィニティー、創造主)が用意してくれた

  貴重な出会いとして、現れるようになります。

 
  つまり、「アロハ (今、私は神さまの目の前にいます) 」 を

  体験しているのです。 』



この姿勢、態度、考え方が、ホ・オポノポノに取組む上で、

とても助けになります。


ホ・オポノポノに取組む とは、 = クリーニングする(クリーニングを始める)

ことです。


そこで必要になるのは、

 ☆ クリーニングをした結果を期待しない、予測しない、ディヴィニティーに委ねる。

この態度、姿勢、考え方でした。



私にはそのことが難しくて、ホ・オポノポノに出会ってから5~6年間、

クリーニングがほとんど出来ずに居て、停滞していたことは、以前書かせて頂きました。
 ※その記事はこちら 「クリーニング出来なくなる3つの壁」←クリック

 ☆ クリーニングをした結果を期待しない、予測しない、ディヴィニティーに委ねる。


これが出来るようになるために、


  『 私はもう一度クリーニングするために生まれてきました。 』


この考え方はとても助けになると思います。

むしろ、

 『 私はもう一度クリーニングするため だけ に生まれてきました。 』

と考えても良いかも知れません。


それは、現実に何が起きても、あれこれ考えなくてもいい。

期待や予測、頭(思考)での判断をしなくてもいい、人生の作戦を練らなくてもいいということです。


クリーニングした後の感じ、衝動に委ねればいい、ということです。

クリーニングした後に感じや衝動が無ければ、感じや衝動を得られるまで

期待せず、予測せず、たたクリーニングを繰り返します。


人生は、クリーニングするためにあります。

それがホ・オポノポノ(SITH)の立場、姿勢、考え方です。

                □



 そして、 私がもう一度クリーニングするため(だけ)に生まれて来た理由が、


 「 「わたし」という存在を取り戻すため 」 です。
    (冒頭の書籍「アロハ」のヒューレン博士後書きより抜粋)



それでは、ここで言われている 「わたし」、

つまりは、ホ・オポノポノ で言われている 「わたし」 とは何でしょうか?



ホ・オポノポノで言われている 「わたし」 とは、 「 I  」 のことです。


「 I 」 = 「わたし」 = 「 ディヴィニティー(創造主、神聖なる存在)」


さらには、


 =「ディヴィニティー +アウマクア +ウハネ +ウニヒピリ」 = 「アイデンティティー」



 = 「 光 」 = 「 わたし 」  = 「 I  」


なのです。
   

ここで、注目して頂きたいのが、


 「 光 」 = 「 わたし 」 です。


クリーニングして取り戻すべき 「 わたし 」 とは、「 光 」 なのです。


 「 光 」
b0207632_2024331.jpg

                        <太陽光、日差し>
b0207632_20243582.jpg

                         <木漏れ日>
b0207632_20243740.jpg

                         <蛍光灯・LED>


 「光」 それ自体はあるのかないのかよく分かりません。触れません。(多分。)


 その 「 光 」 がクリーニングして取り戻すべき 「 わたし 」 で、

 そのため(だけ)に生まれてきているという立場、態度、姿勢、考え方が、

 ホ・オポノポノ です。



ざっくばらんに言うならば、


ホ・オポノポノ とは、 メモリーをクリーニングして、光になろう!(帰ろう) です(笑)。


こう、端的に言い切ると、怪しさを感じるのは私だけでしょうか?(笑)


さらには、それだけが私の仕事、役割、やるべきこと なのです(笑)


さぁ、ここまでくると、引かれる方と、わくわくする方と二手に分かれそうな予感がします(笑)



私は、クリーニングだけが役目だとしたら、シンプルで、楽でいいなぁ(笑)と思い、わくわくしました(笑)



ちなみに、本当は 「 光 」 である 「わたし」 は、

メモリーがあることで、肉体があり(物質化し)、五感・感情・感覚があり、あれこれ経験するようです。 



                □



というわけで、


私の現実に何が起きても、何を経験しても(=メモリー)、

 「神さま(デヴィニティー、創造主)が用意してくれた、(クリーニングのための)貴重な出会い」

    (冒頭の書籍「アロハ」のヒューレン博士後書きより抜粋)

ですし、

その経験(メモリー)をクリーニングすること(だけ)が私の役割で、生まれてきた意味。


この考え方、態度、姿勢を取る(採用する)ことで、


期待や、予測など、あれこれ考えることなく、潔く(?)、

ただ、クリーニングができるようになると思います。


冒頭のヒューレン博士の言葉を大切にしてもらえれば幸いです。


===========================================

 心も体もクリーニング IN 宿泊滞在型セラピールームすずなり京都

 クリーニングプログラム ←クリックどうぞ



  □ 宿泊滞在型セラピールーム すずなり の ビリーチェンジセラピープラン ↓↓↓

 □ すずなり ビリーフチェンジ断食宿泊 (2泊3日~) ←クリックどうぞ

 □ ビリーフチェンジモニター宿泊 (1泊2日) ←クリックどうぞ

 □ ビリーフチェンジセラピー 日帰りプラン ←クリックどうぞ


□ 【ビリーフチェンジセラピー】・これまでのクライアント様の感想紹介 ←クリックどうぞ
  (30名様以上の感想をお読みいただけます。)
[PR]
by ayabelife | 2014-10-03 19:30 | ホ・オポノポノ

心理カウンセラー による ホ・オポノポノ の 実践&研究 ブログ


by 長谷川貴士(心理カウンセラー)