ホ・オポノポノと心理セラピーは同じ現実を見ている Ho`o ponopono < ホ・オポノポノ > ・ 40

心理セラピーを受けると、
ホ・オポノポノが身近に感じられて、
その効果が実感できて、
続けることができるようになる。

それが、私が経験した現実でした。


 心理セラピスト/カウンセラー
  長谷川 貴士
です。


心理セラピーで現実に得られるものと、
ホ・オポノポノで現実で得られるものとは、

心理セラピストの私には、とても似ている様に
日々感じられています。


ホ・オポノポノに良さを感じていたものの、
いまひとつ実感が無かった私が、


心理セラピーを自分が受け、
その良さを実感したことで、

「あぁ、そういうことなのか」と
何かが分かり、そのことで、

ホ・オポノポノの良さも明確に
実感し始める体験をしました。



しかし、実際に、ホ・オポノポノと、
心理セラピーとはどこが似ているのだろうか?。。。


そこで、まとめて書き出して見ました。



       □



<体験、経験であり、情報を知ることや、信仰ではない>


ホ・オポノポノ
も、心理セラピーも、
どちらも、体験して、経験することで、
効果があります。人生が変わります。

どちらも、その仕組みや理屈を知ることは、
興味や、知識欲を満たすでしょうが、

人生を変えることへの影響は限定的でしょう。


ましてや、ホ・オポノポノも、ビリーフチェンジセラピーも
その存在や手法を信じること(信仰)だけでは、

何も、一ミリも変わることはないでしょう。


逆に、ホ・オポノポノも、ビリーフチェンジセラピーも
何一つ信じる必要はありません。


ヒューレン博士が、モーナ女史が何かを言ったから
ホ・オポノポノが存在しているわけではありません。


私たちが体験して、実感した時に、初めて、
ホ・オポノポノが存在します。


棚田克彦氏(ビリーフチェンジセラピーを発明)が
何かを言ったり、考えたからビリーフチェンジセラピーが
あるのではないでしょう。


ビリーフチェンジセラピーの手法でセラピーをする
セラピストが居て、

効果を実感して、人生が変わった
クライアント様がたくさんいらっしゃるので、
ビリーフチェンジセラピーは確固として存在します。


誰かが「それはある」と言ったことで、

現実に存在できるものなどありません。


誰かが「それはある」と言ったから、
それが「ある」と思う事は「盲信」と呼ばれています。

それは、現実離れした危険な生き方です。


ホ・オポノポノや、ビリーフチェンジセラピーの
目指すところとは、真逆の生き方です。


ホ・オポノポノも、ビリーフチェンジセラピーも、
私の現実に体験するもの、経験するものが
どのように変わるのか?変わらないのか?


ただ、そのことだけに興味があり、
現実が変わることだけが、その存在の証明です。

ホ・オポノポノも、ビリーフチェンジセラピーも、
「盲信」のような、現実離れ、妄念が入りこむ余地が
1ミリもないような、堅牢堅固な不伐の城塞のようなものです。
b0207632_21411863.jpg
ホ・オポノポノも、ビリーフチェンジセラピーも、
現実に密着して離れることを知りません。


ホ・オポノポノも、ビリーフチェンジセラピーも、
誰かの勝手な思い込みや、思い付き、アイデア、意見、
アドバイスではありません。

そのような誰かの思考や、理論や、理屈などとは
全く関係がありません。


それは、実践した人が、
心にズシリとした実感で感じられる何かです。


ホ・オポノポノも、ビリーフチェンジセラピーも、
その働きや効果は、複雑で、知り尽くすことなど、
誰にとっても叶わない、
ありのままの現実です。

そして、それは、この、ありのままの現実と比べれば、
ウソやいい加減と呼ぶべき思考や、理論や、理屈などが
全く太刀打ちできない、真実です。


         □


< 私は一族や先祖の記憶を共有している >


ホ・オポノポノ
では自分や家族、一族、先祖代々と関わる記憶を
自分が今、この現実で経験している、と考えます。

他方、心理セラピーで分かることは、
人は、自分以外の家族、一族、先祖の記憶を
共有していることです。

そして、その記憶が、現在に生きる私たちに、
大変強力な影響を与えていることを、
私は心理セラピストとして沢山見て来ました。

生まれてから今日までの自分の記憶以外にも
たくさんの記憶を潜在意識・無意識に抱えている、

それが、今の私に大きな影響を与えている。

その現実への観点が、ホ・オポノポノと
心理セラピーは共通してます。


      □


< ありのままの現実に敬意を持つ、愛する >


現実や、運命、出来事を尊重し、敬意を表すことが、
出来るようになることが心理セラピーの癒しです。

現実や、運命、出来事を尊重し、愛することで、
再び自由を得ることがクリーニングであり、
ホ・オポノポノです。


それが、心理セラピーと、
ホ・オポノポノの「癒し」の仕組みの共通点です。


      □



< 記憶を手放すまで同じことが繰り返される >


ホ・オポノポノでは記憶がクリーニングされないと、
何度も同じことが繰り返される、と考えます。


心理セラピー
では、潜在意識(無意識)に
ビリーフや、エネルギーのわだかまりがあると、
同じことが繰り返し起こる、
同じ結果に繰り返しなる、
と考えます。

EX  いつも(何度も、たびたび)
  →事故を目撃する。
   人を引きとめなければいけない気がする。
   この人から目をはなしてはいけない気がする。
   この人から離れてはいけない気がする。 など


         □


< 歴史的な「女性の苦しみ」に「もつれる」 >


ホ・オポノポノでは、これまで歴史的に見て、
「女性が、男性にひどい扱いを受けて来た」という
記憶を重視します。

特に、「女性の苦しみ」を癒すクリーニングツールが
いくつもあります。


心理セラピーでも、時に、女性が、
女性全般、または、女性代表とも言うべき怒りを、

パートナーや、男性全般に抱いているのと
出会います。

そのような現象を「もつれ」と呼びます。

これまでの歴史的な「女性の苦しみ」と
ある女性が「もつれる」とき、

言いようの無い怒りが目の前の男性に湧きおこり、
大した理由もなく、許し難い気分になります。

男性は、この現象にほとほと困り果てていますし、
女性も困惑します。

私の中のこの怒りは一体どこからきているのだろう?
私の中で何が起こっているのだろう?と。

それが、「もつれ」です。
自分では居られなくなるのです。

そのような時、男性は、これまでの先祖の
男性陣の女性への振る舞いを、償わなければ
なりません。

女性を大切にすること、尊重し、敬意を表すこと。
(これまでの歴史的な経緯に対しての償い、埋め合わせ)。
そして、クリーニングすることです。


      □


このようなことがホ・オポノポノと、
ビリーフチェンジセラピー、
ファミリーコンステレーションなどの
心理セラピーとの共通点です。


二つは、それぞれの窓から
同じ一つの現実を見ていることが
よく分かると思います。


ですから、ホ・オポノポノが続けられない時、
心理セラピーを受ける体験があると、

ホ・オポノポノへの理解がスムーズになり、
ホ・オポノポノが続けられる手助けになります。


        □


ホ・オポノポノでは、自分が癒えるためには、
本当にはセラピストは必要が無い、という立場ですが、

クリーニングした結果、セラピストと出会い、
セラピーを受ける経験をすることは、否定しません。

クリーニングした結果、自分に相応しいものとして、
セラピーや、セラピストと出会うことは記憶が変容し、
インスピレーションを得た結果です。


また、セラピストと出会い、セラピーを受けることも、
一つの記憶です。

全ての記憶がそうであるように、
自分に戻る一つのチャンスと捉えます。


セラピーや、セラピストとの出会いが、
インスピレーションなのか?記憶なのか?
それは、私たちには分かりようの無いことでは
ありますが。(まさに神のみぞ知るです。)


       □


ホ・オポノポノでクリーニングした結果、
記憶が変容して、

自分に相応しいものが手に入る経験することと、


心理セラピーを受けて、自分の内なる記憶(ビリーフ)を
変容したり、消去したりした結果、

自分に相応しいものが手に入る経験をすることは、


現実として、とても似た体験です。


ですから、心理セラピーの体験は、

ホ・オポノポノのクリーニングをしているけど、
何も分からない??という人に

特におススメです。


心理セラピーで心の曇りが
クリーニングされて、

様々な現実がありのままに分かるようになることが、
心理セラピーの効果です。


ですから、心理セラピーを受けることで、
ホ・オポノポノのクリーニングの効果も
ありのままに気付くことが
出来る人に成って行きます。


それは、自分の実感からそう分かります。


ありのままの現実に心が開かれていないと、
ホ・オポノポノで、現実が変わっても、

見えていない、気付くことが無い、
そんなことが自分にはあったように思います。


ですから、ほんとは、セラピストは要らない、
と言う(ヒューレン博士談、しかし、本人や
モーナ女史はセラピスト業をしていたようです。)

ホ・オポノポノですが、
心理セラピーを受けることも合わせて
して頂けると、その良さを実感することが、
スムーズだと思います。


私は、ホ・オポノポノの良さを実感するまでに、
数年掛りました。心理セラピーを受け始めてから、

ホ・オポノポノの良さや、本当の意味が
続々と分かり始めたのでした。


ですから、みなさまにも、
ホ・オポノポノと、心理セラピーの併用を
おすすめします。

それは、人生を変える、
つまり、記憶を手放して、本来の自分に戻る
エクスプレス・パス(時間短縮チケット)です。


私が始めなければ、
誰も始めることが出来ません。


しかし、私が始めれば、
みんな大丈夫になります。


体験されたい方は、ぜひ
クリーニングを
始められてください!(^^)!


心の健康、ビリーフチェンジセラピーが、
私の専門です。ご用命は下記よりお願いします。

※ 大阪出張 5月25日(月) 10時~
  キャンセルがでました。ご希望の方はご予約頂けます。

=====================================

□□□ 【出張】 ビリーフチェンジセラピー □□□


◆ 【京都市】ビリーフチェンジセラピー ◆
 2015年 【5月】 16日(土) 17(日)
 会場 : <阪急河原町駅・徒歩2分> 
      オフィスゴコマチ(おふぃす御幸町)
       詳細はこちらから←クリック


◆【大阪】ビリーフチェンジセラピー ◆ 

 2015年【5月】 23日(土)・24日(日) 

 会場:<新大阪駅・徒歩5分>

    市民交流センターひがしよどがわ 会議室

  詳細はこちらから ←クリック  


◆ 【東京】ビリーフチェンジセラピー ◆ 

2015年【6月】 26(金)・27(土)・28(日)・29(月)

会場:<JR浜松町駅 徒歩5分> 

    産業貿易センター・浜松町館 会議室

   詳細はこちらから ←クリック


 ※ 大阪・神戸・京都市内など各地の出張も受けたまわります。

  宿泊滞在型セラピールーム すずなり京都HP よりご相談ください。            


b0207632_11340740.jpg

京都・田舎の古民家宿にて

ビリーフチェンジセラピー

ホ・オポノポノなどで、皆様の様々なお悩みの解決にご協力させて頂いています。

のんびり宿泊しながら自分の人生の課題やテーマと向きってみませんか?


【宿泊滞在型セラピールームすずなり京都

  ビリーフチェンジセラピー付き宿泊プラン↓↓↓


◎ クイックに人生を変えることを望んでいらっしゃる方におすすめのプラン

→ ビリーフチェンジ断食宿泊・特別集中コース (2泊3日~)←クリック☆


◎ じっくり、自分の人生の課題に時間をかけて取組まれたい方におすすめのプラン

    ビリーフチェンジセラピーだけでなく、一生涯使えるセルフケアとしての

    ホ・オポノポノ マクロビオティック 心理的な人生の読み方が手に入るプランです。
 → クリーニングプログラム (3泊4日)←クリック☆


◎ まずは、ビリーフチェンジセラピーを試されてみたい方におすすめのプラン

          → クリーニングプログラム・ミニ(1泊2日)←クリック☆

          → ビリーフチェンジセラピー日帰りプラン ←クリック☆


☆ ビリーフチェンジセラピーをご利用頂いた皆様の声 
 ≪ 感 想 紹 介 ≫ ←クリック☆

   ↑50名様以上の感想をお読み頂けます。

  ☆ ホームへ(心理セラピスト・長谷川貴士のブログトップページへ移動します。)



[PR]
by ayabelife | 2015-05-10 19:30 | ホ・オポノポノ

心理カウンセラーのホ・オポノポノ研究ブログ


by 長谷川貴士(心理カウンセラー)