《新しいファミリーコンステレーション 大阪開催決定!》【イベント紹介!】

『新しいファミリーコンステレーション』
ワークショップ 2016年1月16日(土)
大 阪 堂々開催決定!!
b0207632_17110069.jpg
                  
 <主催者様:アナロジック・クリエーションHPより>  


       □


バート&ソフィーヘリンガー夫妻
2015年9月東京ワークショップ
から3ヶ月、そのムーブメント(動き、流れ)を引き継いで、
満を持して、関西でのワークショップが決定しました!


バート&ソフィーヘリンガー夫妻の
2015年9月東京ワークショップに参加した方も、
してない、できなかった、行きそびれた方も、


ファミリーコンステレーションの経験が
ある方も、ない方も、


2016年の年始めの体験として、
これからの「方向性」を決める『鍵』が
手に入ると思います。


     □


『新しいファミリーコンステレーション』
のワークショップでは、縁ある人だけが、
会場に集まることになっているようです。


ですから、誰がワークに当たっても、

「自分の深層心理にある問題が
 今、まさに扱われている!!」

そのように感じ、それを体験することに
なるでしょう。



私は、それを2015年9月の
『新しいファミリーコンステレーション』
のワークショップで十二分に体験してきました。

ですから、今回の
『新しいファミリーコンステレーション』の
大阪開催も、私は期待◎!勇んで行きます!!

すでに申込み済みです(>_<)!!


ファシリテーターは、折しも、

バート&ソフィーヘリンガー夫妻の
2015年9月東京ワークショップを主催された
井上慎介さん、川嵜敏枝さんの、
お二人です。


お二人は、11月末から開催された
ドイツでのHellinger Days
(ドイツ本国で行われた、12日間の
バート&ソフィーヘリンガー夫妻主催の
ワークショップ)


経て、「準備が整った」ことを感じ、
今回の関西・大阪開催となりました。


      □


『新しいファミリーコンステレーション』という
世界最新の潮流を肌で実感するチャンスだと思います。

しかも日本にいながら!!
しかも関西で!!


また、これは、
『新しいファミリーコンステレーション』
通じて、地球規模で始められている、
平和へのムーブメントへ参加する
チャンスでもあります。

世界平和は、一人、一人の
心の平和の中にしかありえません。



バート&ソフィーヘリンガー夫妻の
2015年9月東京ワークショップへは、
13カ国の国籍の方の参加がありました。

また、バート&ソフィーヘリンガー夫妻は、
毎月のように日本、ロシア、ブラジル、ドイツ・・・と

世界各国で『新しいファミリーコンステレーション』の
ワークショップの開催を通じて、

地球規模の平和へのムーブメントを
一歩一歩推進されています。


その流れの中に参加することは、
「私」個人の人生にとっても、
かけがえのないの体験となると思います。


私は、それを2015年9月、
『新しいファミリーコンステレーション』の
ワークショップ@東京で経験しました。


今回の2016年1月16日大阪も、
今からとても楽しみです\(^o^)/


このワークショップ紹介文が目にとまり、
 そして、
ざわっと来られた方は、ご縁がありました。

そのような方に、自分の心の平和への
ムーブメント(動き・流れ)へ

一歩踏み出して頂けるといいな、と
願っています。

ぜひ、会場でお会いしましょう!!!(^^)!

詳細などは下記からどうぞ!
(申込みページリンクのさらに下記に
  ファシリテーターの経歴とメルマガ文章あります。
  ご参考にされてください!!)

FBイベント告知ページ←こちらから

「こくちーず」イベント申込みページ
↑こちらから


※このブログ記事はイベント紹介文です。
 私、長谷川貴士は、今般のイベントの開催・運営には
 一切関わりが無い、一般参加者です。
 イベントへのお問合せ&お申込みは、上記ページから
 お願いします。



《 ファシリテーター経歴紹介 》

 井上 慎介

自動車や航空機産業でエンジニアとして働くも、

父親の死を機に精神世界を探求し始める。

2011年にファミリーコンステレーションの創始者ヘリンガー夫妻と

出逢って以来、ドイツでヘリンガー夫妻に師事し

ファシリテーターとしての道を歩む。

現在ヘリンガー夫妻が平和への取組みとして行っている

「新しいファミリーコンステレーション」の

最新の動向を日本に伝えるため、

ANALOGIC CREATION(アナロジック・クリエーション)を立上げ、

日本語訳のDVDを出版。

20159月、ヘリンガー夫妻を9年ぶりに日本へ招聘し、

東京でワークショップを主催した。


 川嵜 敏枝

西洋医学と東洋医学(漢方)の両方を扱う薬剤師として働きながら、

薬以外のヒーリングの必要性を感じ、マナカード、シータヒーリング、

フラワーエッセンス、霊氣やプラーナヒーリングを学ぶ。

フラワーエッセンスの導きによりスコットランドの

フィンドホーンに渡り、そこで滞在中に井上慎介と

新しいファミリーコンステレーションに出会う。

2013年からへリンガー夫妻の元で学び始め、

20159月の東京ワークショップを井上慎介と共に主催。



<下記に井上慎介さんのメルマガ(?)の文章をご紹介します。>
 素晴らしいので、井上さんってどのような人?
 ということがそれとなく伝わると思います。
 

(井上慎介さん文章ここから)

「バートは4年前、私のコンステレーションの中で見られた、
 その加害者と被害者の対立構造は、
日本人全てに共通する大きな問題であると言及しました。」


アナロジック クリエーション 
 代表  井上 慎介



 私が初めて「新しいファミリーコンステレーション」を
体験したのは今から4年前、2011年の7月に香港で行われた
ワークショップでした。

私は幸運にも自分自身のコンステレーションを
体験することができました。

私はその時すでに日本でファミリーコンステレーションの
トレーニングを受けていて、
それがどういうものなのかを知ったつもりでいました。


しかしヘリンガー夫妻の間に座った瞬間から、
それが今まで自分の体験してきたものとは
全く違うものだということに気付いたのです。


その私のコンステレーションの中で
代理人たちの動きによって現れてきたものは、

私の祖父が戦争中に兵士としてフィリピンで
体験したことでした。

しかしその光景の中には、私自身が人生の中で
体験してきた感覚全てが再現されていました。

それは、まさに私自身の心を
映し出す鏡を見ているようでした。

そしてヘリンガー夫妻は、
それをただありのまま言葉にして
説明してくれたのですが、

私にとって全てをありのままに受け取るのには、
しばらく時間がかかりました。


それから、ドイツを始め世界中で行われる
ヘリンガー夫妻のワークショップに足を運び、

その都度暖かい助言を頂きながら学びを深めてきました。


        □


《新しいファミリーコンステレーションで私たちが体験したこと》

それは、私たちの歴史の中で過去に起こったことは
何一つ欠けることなく、

今でもここに存在しているということです。

私たちの目には見えなかったとしても、
私たちの身体は感じ取っているからです。

それを見ないようにしていたり、
無かったことにしていると、
やがて身体の感覚は麻痺してきます。


そして私たちの物理的な身体の機能も
それによって停滞し、
病気や機能不全の原因になります。


例え一時的に私たち自身が
その麻痺した状態を持ちこたえたとしても、

今度は私たちの家族や社会の中のより敏感な誰か、

多くの場合、子どもたちが、その除外された

“無かった筈のこと” を表現し始めるのです。


     □


ですから、私たちが
全ての感覚に開いた状態で
健やかに生き、

そして次の世代に生命を引き継いで
活気あふれる未来を残すために出来ること、

それは、

“ただありのままに認める”

ということです。

これは日本語で初めて出版された

バート・ヘリンガーの著書

「脱サイコセラピー論」の原題、

『Acknowledging what is
(ただありのままに認める)』

という姿勢そのものです。


      □

戦争中には多く人の
生死を分ける出来事が起こり、

私たちの家系の中の誰かが何らかの形で、
それに巻き込まれています。

そしてその出来事が殺人であった場合、

今日の私たちが持ち合わせている意識、
良心(Conscience)という
フィルターを通してその出来事を
捉えようとすると

必然的に

加害者と被害者という

構図が現れます。


それが表れる時、そのどちらか一方にしか
共鳴できなくなります。

そういったフィールドでは、

ある者は非人間的な扱われ方に、
苦しみ憤(いきどお)るという感覚だけを感じ、

またある者は相手の痛みに無感覚な、
狂気と優越という感覚だけを感じます。


どちらも見ないようにして、
両方とも感じないようにする(麻痺させる)
ことはできるかもしれません。


しかし、両方の苦しみや困難を
同時に感じながら、

どちらにも偏らずにありのままに
認めるということは、

その出来事の当事者のいる
家族フィールド(家系というシステム)に
属する者にとっては、

とても難しいことです。



これは私自身が家庭や学校で葛藤を抱え、
13歳の時に不登校になって以降、
社会から退くに至った経験を、

香港で私自身が体験したコンステレーションに
照らし合わせた結果感じたことです。


私はコンステレーションの中で、
戦争中のある出来事における被害者の側に
ずっと寄り添っていました。

それは、私がそれまでの人生の中で
常に体験していた被害者の感覚を
ありのままに表していました。


        □


2015年9月に行われた、
東京ワークショップの最終日に、

ワークの中でソフィーがヒントを
与えてくれています。

「何か個人的なものがあると信じるのは間違いです。
 個人的なものは、集合的なものの中で
 解決されてゆきます。

そして最終的に、常に勝るもの、
常に上回るものは集合的な意識です。

ですから一つの国で起こる災害や攻撃が、
その国だけに関わること、

その人たちだけに関わること、
ただ一つの民族にだけに
関係しているということは、決してありません。

ファミリーコンステレーションを通して、
私たちはこの和解のネットワークが
世界中に広がって行くのを見ることができます。


なぜならその背後には、
集合的なムーブメントがあるからです。

その集合的なムーブメントは、
つねに和合へ向かっています。

<以下ソフィー原文>
It is a mistake to believe that there is something purely personal.
What is personal is resolved in what is collective.
And in the end, what always wins is,
what always gain upper hand is collective consciousness.
For this reason, a catastrophe or an attack in one country is
never something that only involves that country,
that only involves these people,
that only one sole nation is involved, that can never be the case.
Through family constellations,
we can see that this network of
reconciliation spreads all over the world.
Because behind that there is the collective movement.
And that collective movement is always directed towards the unity.
<ここまで>

新しいファミリーコンステレーションは、
このように多くの人に共通して影響を及ぼしている
問題に対して根源的に解決をもたらし、
和解に導くアプローチです。

そしてそれはその場に集う
全ての人の意識が織りなして創り出されます。

つまり最終日にバートが言ったように、
これは皆で創り上げる平和のムーブメントです。


       □


私もファシリテーターの一人として
日本と世界の間に、この平和のムーブメントを
繋ぐための橋を架けたいとの思いで、

2015年9月の東京ワークショップを主催しました。

2011年11月のインターナショナルHellinger®キャンプで、 
バートは愛嬌のある笑顔を見せながら私にウインクしてみせて、
こう言ったのです。

「Maybe you could organize my workshop in Japan.
(君が、私のワークショップを主催してくれてもいいよ)」

バートがウインクしていたこともあって、
冗談ではないかと最初は思いました。

でもあの笑顔が忘れられなくて、
私はその言葉を半分ぐらい信じながら

密かな夢として持ち続けていました。

それから4年間、ドイツ、メキシコ、香港、
スペイン、イタリア、ロシアと

ヘリンガー夫妻の世界を巡る旅に同行するようになり、
学びを深めている間に

私自身もさまざまな変化を経験しました。



そして2015年9月に、4年越しの夢が叶って
東京でのワークショップを主催させて頂きました。

ファミリーコンステレーションが初めてだった方にも、
以前のファミリーコンステレーションをご存知の方にとっても、

今までに経験したことのない、
全く新しい体験があったのではないかと思います。

これからも国内での定期的なワークショップの開催を
行っていきますので、今後ともよろしくお願いいたします。
               2015年 9月 28日

(井上慎介さん文章ここまで)

上のお約束通り、大阪での
『新しいファミリーコンステレーション』
のワークショップを決断してくださいました!!

 私は参加します!

この記事にご縁があった皆さまも、
「新しいファミリーコンステレーション」
とのご縁があるといいな、と思っています。
 

《新しいファミリーコンステレーション 大阪開催決定!》

FBイベント告知ページ←こちらから

「こくちーず」イベント申込みページ
↑こちらから


※このブログ記事はイベント紹介文です。
 私、長谷川貴士は、今般のイベントの開催・運営には
 一切関わりが無い、一般参加者です。
 イベントへのお問合せ&お申込みは、上記ページから
 お願いいたします。


《 主催者 》

ANALOGIC CREATION(アナロジック・クリエーション)

http://analogiccreation.jimdo.com/

デジタル(言語による離散的な世界の捉え方: I or You)だけでなく

アナログ(類推、相手と自分を重ねて捉える: We)な

コミュニケーションを社会に取り入れることで、

多様な人々が共生可能な心の通じ合うコミュニティづくりに貢献することを

目指す。取組みの重要な柱として、「代理人」を使って

異なる立場の人の感じ方を自分のこととして体験することができる

「新しいファミリーコンステレーション」を紹介している。

□ 新しいファミリーコンステレーションについて

  (ページ内に日本語訳付き動画があり、面白いです。)

http://analogiccreation.jimdo.com/%E6%96%B0%E3%81%97%E3%81%84%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%9F%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3/




[PR]
by ayabelife | 2015-12-11 19:30 | 出張/オープンカウンセリング案内

心理カウンセラーのホ・オポノポノ研究ブログ


by 長谷川貴士(心理カウンセラー)