心からの笑顔を再び取り戻すためのヒント 1/2

「喧嘩両成敗」

聞いたことがありますか?


「喧嘩(けんか)両成敗」

とは、

ケンカ・争いをするならば、
いつでもその両者ともに悪い。

(どちらか片一方だけが
一方的に良いということは無い。
正義も悪もない。

この考え方・思想です。


心理セラピストの窓・観点で
見るならば、

「ケンカ両成敗
 (正義も悪もない)」

は、いつでも真実です。


心理セラピスト/カウンセラー
 長谷川 貴士
です。


例えば、

仮面ライダーとかの
いわゆる「ヒーロー物(語り)」には、

「正義と悪」の対立が
明確っぽく描かれます。


世界(人類)征服を目論む
「悪」の軍団や秘密結社の
活躍を、

世界平和を守るために、

仮面ライダーとかのヒーローが
それを阻止するために戦う、争う、

このようなシナリオ
(脚本・筋書き・物語)が、
往々でしたね。
b0207632_11343517.jpg













< 仮面ライダー 正義の味方?人類の味方ではある。>

さて、この仮面ライダーとかの
ヒーロー物、つまり、

「超人と怪人の抗争の歴史」
をセラピーするならば(笑)、


心理セラピストは、
どうしたら良いのでしょう??


心理セラピストは、
いつでも、

もっとも立場の悪い人、
もっとも邪魔物にされている人、

もっとも憎まれ、
もっとも嫌われている人の

隣に立ちます。


その位置からモノゴトを
視る時、「解決」が現れます。


善悪、執着を越えて、

戦い、争いを終わらせるための
方向を知ります。



その方向の先にある

穏やかさ(平和)や
囚われのなさ(自由)に、

お客様(クライアント様)が

再び心からの笑顔を作る
チャンスがあると
気が付いているからです。


ですから、

仮面ライダーなどの
ヒーロー物を
セラピーするならば、

心理セラピストは、
いつでも、

怪人・悪の軍団、
悪の秘密結社の

隣に立ちます。
b0207632_11344715.jpg  














 <悪の軍団大幹部・地獄大使様>


    □


怪人・悪の軍団
・悪の秘密結社の
隣に立つ時、


何が見えてくるのでしょう?


怪人が暴れ回り、
私たちに危害を加えるのは
なぜでしょう?


それは、そのように
作られているからです。

それが「自分(怪人)の仕事」
だからです。

怪人は、自分の天命・運命に
素直に一途に一生懸命です。


それでは、
そのような怪人を
産み出した、

悪の軍団・秘密結社は、
なぜそうするのでしょうか?


例えば、怪人を産み出す
テクノロジー(技術力)を
産業利用すれば、

ものすごいお金・財産・富が
築けることは想像に
固くありません。

大儲けです。
大富豪間違いなしです。

しかしながら、
悪の軍団は

怪人を作り出す予算・費用や、

悪の軍団を維持するコストを
賄えるだけの財力も
すでに有しています。


わざわざ世界人類の征服を
企むことなく、

日本だったら軽井沢とか、

世界だったら、
ハワイとか、フィジィーとか、
南の楽園に執事付きの別荘でも
買って、

安楽に楽しく、豊かに暮らす
ことも出来る人(?)たちです。


でも、

わざわざ、悪の軍団を維持する
苦労と負担を引き受けてまで、

世界人類の征服に乗り出す。


これはなぜなのか?


この悪の軍団の心理に
寄り添い、視るところに、

「解決」があります。

ですが、

仮面ライダーとか、
ヒーロー物では、

番組製作の都合上、

一年50回の放映分は
「解決」しては困るので、


それは決して明かされません(笑)

目を向けられることがありません。


悪の軍団は、いつでも、
降って湧いたように唐突に現れ、

その悪事の理由について、
深く顧みられることがありません。


そして、さらには、

仮面ライダーやヒーローは
決して悪の軍団と「交渉」しません。


必ず、「悪」と決めつけた側を
殲滅するまで、戦い続けます。

いつでも徹底抗戦です。

最終回とかでは、

悪の軍団の本部とかまでに
乗り込んでは、

皆殺しして、爆破とかして、
完全に破壊し尽くします。


そして、

このヒーローが行った破壊と殺戮の
出来事で生まれた、

恨みや、「もつれ」によって、

新しい悪の軍団が生まれ、

翌年もシリーズが続けられます(笑)


      □


心理セラピストの立場からは、

「正義・正しさ」を
名乗る、語る、
思い込んでいる側は、

常に「悪い」。


これを視ます。


悪を決めつけて、
自らが正義を名乗る時、

そこに底知れぬ
魔界が生まれます。

光が届かない、
暗く深い闇の底です。


ここから帰って来たい!
這い出たい!

これが、心理セラピーを
利用する意味です。


ですから、

心理セラピーでは、
いつでも、「ケンカ両成敗」
です。



心理セラピーには、
悪も、正義もありません。


心理セラピーは裁判では
ありません。


     □


私や、心理セラピーは、
決して「悪の軍団」の

味方をすることを推奨している
わけではありません。


あくまで、

「両成敗
(争った時点で双方負け、
 両者に優劣はない)。」

です。


どちらが優れているのか?
どちらか正しいのか?

この判断・評価する思考の
動きから離れることが、

いつでも、心に穏やかさ(平和)と
囚われのなさ(自由)を運び込む
「解決」です。


私は○○戦隊という
5人組の超人的ヒーロー達が
武器を持って、

たった一匹の怪人・怪獣?を
多勢に無勢で叩きのめす様子が、

いつもあまり好きではありませんでした。
なんかひどいですよね。

そして、最後は必ず怪人は、
ヒーロー側の兵器の攻撃により爆死。

戦国武将達でさえ、
交戦の勝敗が決したら(見えたら)

敵に退路(逃げ道)を残してあげて、
殺し尽くすことはしません。
(人道的ではなく、経済的な理由で、
 そうしていたようですが。)

その後、勝者は敗者をやんわりと
脅しながら交渉して、
戦(いくさ)はお終いです。

戦隊ヒーロー達もまた、
敵は殺し尽くすまで戦い抜くタイプです。
一切敵と話し合うことをしません。
b0207632_13013312.jpg












このように、

いつでもヒーロー側が
無慈悲に勝ち続ける、

一方的な戦いが、
毎週、毎週、何年も続くので、

私は、見るに見かねた感じがして、

「なぜ?怪人は
 毎週、毎週律儀に一人で
 現れるのだろう?

 怪人を、何週間分か
 ストックしておいて、

 いっぺんに5人、10人と
 出したらいいのに!」

こう思っていました。


     □


さて、

私たちはなぜ、

心の穏やかさ(平和)と
囚われのなさ(自由)を捨てて、


執着し、怒り、憎しみ、争うのか?


私たちは、なぜ

優劣、善悪を
付けたがるのか?



なぜケンカするのか?

なぜ争い、戦い、殺し合うのか?



この事情・理由に目を向けること、

ここから視線をそらさないこと、


怒りとか、恐怖とか、悲しみとかの、
「感情」に呑み込まれずに、

自分の位置に立ち続けること、


これが出来る人だけに、
平和や自由、笑顔があります。


      □


悪の軍団が、
自らの技術的、経済的優位さから
得られる安楽さを捨てて、

世界人類征服に向けて、
努力を重ねる裏にある心理。


これが「何か?」


私たちは(具体的に)
分かる・知る必要はありません。


ですが、

ただ、そこには
「何か」がある。

そして、それは、

その人(たち)が
無視できるほど
小さいものではないのだ。

何かその人達にとっては、
大切な思いがそこにはあるのだな。



だからこそ、悪の軍団は
世界人類征服のために、

日夜それだけを考えて、
一心不乱に努力している。

まるで、受験生のように、
脇目も振らずに目標を見据えて
歩みを続けている。

毎週コツコツと怪人を開発しては、
欠かさず世に送り出している!


このことに気付くこと、
視線を向けることが

「解決」に必要なことです。


そして、
度々の繰り返しになりますが、

心理セラピーにおける、
ここでの「解決」とは、

心の穏やかさ(平和)と
囚われ(執着)のなさ(自由)、
そして、心からの笑顔です。



     □


相手には、何か「限界」がある。

たとえ「それ」がしたくても、

「何か」目には見えない、

私には知ることも、
感じることも出来ない、

心理的な事情・理由のために、

(相手は)それができないんだ。


この「限界」に気がつくことが
「解決」です。


悪の軍団は、
自分達の技術的、経済的に優位に
あぐらをかいて、

のんびり、楽しく
生きることができない人達です。

そして、暴力沙汰に訴えてしまう。

これが、悪の軍団の「限界」です。


この時、

「解決(=再び笑顔になること)」を
求める思いがあるならば、


二つ(2種類)の「限界」
気が付くことができます。

自分は相手について、
誰かについて、

例えば、
悪の軍団の本性について、

分からないんだ。
何も知らないんだ。

まずは、この「限界」です。


もう一つは、

相手は、「何か」目に見えない
心理的な「限界」を抱えていて、

出来ることに「限界」があるんだ。


この二つの「限界」です。


私たちは悪の軍団の事情を
いつも何も知りません。

そして、知ることもできません。

他人の心を覗き視ることは
誰にも出来ないからです。


それでも、具体的には、
心の中身は、
分からないけれども、

そこに相手を行動に駆り立てる、
「何か」があることを感じるならば、

それは「解決」への大きな
一歩、手掛かりです。



      □


私たちが、相手の心にある
その「何か」を、

感じることを越えて、

興味本位で、野次馬根性で、
具体的に何があるのか
知りたがるならば、

それは相手に対して、
大変に「非礼」なことです。


私たちは、誰しも
「問題」だらけの過去
あるので、

今、こうして、悩み、迷い、
失敗し、停滞しています。



ですから、誰も、
明かす準備のない過去を
他人に暴かれたくはありません。



誰もが、過去の「問題」と
向きう合うのは

準備が出来たときにだけ、
それをすればいい。

この自由が許されています。


もし、他人が誰かに
そのような「秘密」を
明かすことを

「質問」することでで
強いるならば、

それは、重大なプライヴァシーの
侵害で、非礼・失礼なことです。


順序や秩序を乱すならば、
いつでも、そこには
何も良いものはありません。


何か良い結果を望むならば、

本人の気持ち・意思が常に優先され、

他人の協力や干渉は常に後です。


本人にその気が起きる前に、

何かを勧めたり、
何かを訊ねたりするならば、

そこには何も良さがありません。


    □


私がビリーフチェンジセラピー
扱っている、ビリーフとは、

「誰かを責めている心」のことです。

この心の部分に変化を起こして、
「ケンカ両成敗」の決着になるとき、

心の中の争い、執着、罪悪感が止み、

平和で、自由を感じる中で、

心からの笑顔を再び取り戻すことができます。



「ケンカ両成敗」の心になって、
心から笑える日を取り戻すヒント、

次週に続きます!

次週は
「ウルトラマンの哀しみ」について、
セラピーします。

お楽しみに!

私のビリーフチェンジセラピーのご用命は
下記よりお願いします。


◆ 【 大 阪 】オープンカウンセリング
6 月 19 日 (日) 】 2016年

 □ 詳細はこちらから←クリック 

=====================================
☆ ビリーフチェンジセラピーをご利用頂いた皆様の声 
  ≪ 感 想 紹介 ≫ ←クリック☆

  60 名 様以上の感想をお読み頂けます。

□□□ 【 出 張 】ビリーフチェンジセラピー □□□


◆ 【 大 阪 】オープンカウンセリング

<会 場>:< 新大阪駅 徒歩5分 >

ココプラザ(大阪市立青少年センター)

<日程> :【 6 月 19 日 (日) 】 2016年
<受ける方> 4名満席・キャンセル待ち

< 見る方 > 募集中!!

□ 6/19・詳細はこちらから←クリック 

 
< 日程 > :【 8月 19 日 (金) 2016年
【 8月 20 日 (土) 2016年
<受ける方> 募集中!! 
< 見る方 > 募集中!!

□ 8/19、20・詳細はこちらから←クリック


◆ 【 大 阪 】ビリーフチェンジセラピー ◆

【 6月 】 2016年 ※ 個人カウンセリング
  キャンセル出ました!
 17日(金)9:30 ~ 募集中!

↑ご予約いただきました(6月3日)
 □ 詳細はこちらから←クリック

【 8月 】 2016年 ※ 個人カウンセリング
A:5日(金)6日(土)7日(日)8日(月)

B:19日(金)21日(日)22日(月)

会場:< 新大阪駅 徒歩5分 > 
ココプラザ(大阪市立青少年センター)

□ 詳細はこちらから←クリック



◆ 【 東 京 】ビリーフチェンジセラピー ◆ 

 【 7月 】 2016年 

9日(金)・10日(土)・11日(日)・12日(月)

会場:<JR浜松町駅 徒歩4分>

   島しょ(島嶼)会館・会議室

□ 詳細はこちらから←クリック


※ 名古屋・神戸 など各地の出張もご相談ください!

 すずなり京都HP よりお問合せください。            


b0207632_11340740.jpg

京都・田舎の古民家宿にて

ビリーフチェンジセラピー

ホ・オポノポノ、酵素断食などで、皆様の様々なお悩みの解決にご協力させて頂いています。非日常の環境に身を置きながら自分の人生の課題やテーマと向きってみませんか?


【宿泊滞在型セラピールームすずなり京都

 ビリーフチェンジセラピー付き宿泊プラン↓↓↓


◎ クイックに人生を変えることを

  望んでいらっしゃる方におすすめのプラン

→ ビリーフチェンジ断食宿泊

  特別集中コース(2泊3日~)←クリック☆


◎ じっくり、自分の人生の課題に時間をかけて

取組まれたい方におすすめのプラン

 ビリーフチェンジセラピーだけでなく、

一生涯使えるセルフケアとしての ホ・オポノポノ

マクロビオティック心理的な人生の読み方

手に入るプランです。
→ クリーニングプログラム(3泊4日)←クリック☆


◎ まずは、ビリーフチェンジセラピーを

試されてみたい方におすすめのプラン

→ クリーニングプログラム・ミニ(1泊2日)←クリック☆

→ ビリーフチェンジセラピー日帰りプラン ←クリック☆


ホームへ ← クリック

(↑↑↑心理セラピスト/長谷川貴士のブログトップページへ移動します。)

 ビリーフチェンジセラピー 感 想 ダイジェストをお読み頂けます!


[PR]
by ayabelife | 2016-05-29 19:30 | ビリーフチェンジセラピー

心理カウンセラー による ホ・オポノポノ の 実践&研究 ブログ


by 長谷川貴士(心理カウンセラー)